キャッシングの利用限度額は引き上げられる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシングの利用限度額は引き上げられる?
消費者金融やカードローンの借り入れ件数をやたらと増やすと、信用情報にマイナスです。どうしてもお金が足りなくなったとき、すでにカードを持っているなら、利用限度額の引き上げからはじめましょう。

ここでは、キャッシングの限度額の決まり方・利用限度額を引き上げるためのポイントを紹介します。

最初に数十万円しか枠がなくても、希望はあります。どうしてもキャッシングの利用限度額を増額したいという方ほど、まずご一読頂ければと思います。


キャッシングの利用限度額とは

キャッシングは、ある金額まではいつでも出し入れ可能になっているのが一般的です。「ここまでなら借りられる」という上限金額を指すのが、限度額。

マンスリー単位ではなく、トータル借入残高で計算します。この金額は、法律・金融機関独自の審査と2つの視点から決まります。


1.法律を基準にした借入限度額の決め方

基本的に消費者金融などの貸金業者は、貸金業法を守って運営します。キャッシング限度額に関しては、総量規制と呼ばれるルールが絶対。年収の3分の1までしか借り入れできないようにすることで、身分不相応の借り入れを制御します。

合算対象になるのは、消費者金融・クレジットカードのキャッシングの利用残高など。大まかには、無担保で借りたお金すべてを合わせた数字と考えましょう。これら全てをあわせた時でも、3分の1におさまるように限度額が決まります。


2.審査を基準にした借入限度額の決め方

お金を借りるときには、必ず審査が入ります。借り入れ可否だけでなく、いくらまでならお金を貸せるかを判断する作業です。キャッシングの審査は職業・勤続年数・家族構成はじめとする情報を総合的に判定し、限度額を決定します。

はじめてのおつきあいだと、どんな人か分かりません。まじめに返済できることを証明できない以上、小さな枠しかもらえないのは当たり前。

審査の結果、年収の3分の1には届かない利用限度額になるのが通常です。


キャッシングの利用状況に応じて限度額引き上げが可能

キャッシングの利用状況に応じて限度額の引き上げが可能な場合があります。利用者から申し出なくても、消費者金融の判断で増額の誘いが届く場合もあります。

審査同様、金融会社独自の基準があるのが一般的。少しでも増額の可能性を高めたい方のために、見られやすい3つのポイントを紹介します。


1.利用状況は好ましいか?

最も重要なポイントは、キャッシングの利用実績。少し借りて約束通り返して、を繰り返していくほど、利用状況の評価が良くなります。支払い遅延はもってのほか、借り入れが安定しないこともプラスには働きません。

家計の補填に使っているなら、まとめて借りて完済を目指すというより毎月同じ時期に数万円借りること。出し入れ自由とは言え、消費者金融にとって良いお客さんとみなされる使い方が望ましいと考えてください。


2.借り入れ先が増えていないか?

どんなに返済状況が良好でも、借り入れ先が増えていると警戒されます。A社に返済するためにB社で借りて、を繰り返して債務超過に陥ることを恐れるからです。

消費者金融の申込履歴は、信用情報機関に保管されます。自分で申告しなかったとしても、金策に奮闘する様子は筒抜けです。他社に借入れをお願いするよりも、先に利用限度額の引き上げを依頼するのが賢い方法です。


3.基本情報の変更はきちんとしている?

引っ越しをしたり勤務先が変わったりした時には、キャッシング会社に連絡をします。基本的なことですが、忙しさにかこつけて手続きを怠ってしまいがち。万が一のときに連絡がとれないと、信用低下は必至です。

キャッシング会社に申告している情報は、審査の要になる大切なもの。お金を預ける銀行とは、訳がちがいます。銀行の住所変更をしなくても問題は起こっていないからキャッシング会社も大丈夫、と考えるのは間違い。

最悪、限度額引き下げにもなることもある軽視できない過失です。
登録している情報は、大手消費者金融の場合、マイページ(管理画面)から参照できることがほとんどです。正しい情報が入っていることを確認してから、増額依頼をしてください。


キャッシング利用限度額引き上げ審査で必要な書類

増額可否の判断をするために、もう一度審査をします。あらためて行う審査ゆえに、収入証明書類提出を求められるケースも。プロミスを例にあげると、以下いずれかの状況のときには書類の提出が必要とされています。

・50万円を越える
・他社もあわせた借入残高+増額後の希望限度額が100万円超

これは、貸金業法のルールを守った妥当な規則。他の消費者金融会社でも、ほぼ同じ条件と考えてください。

最初にキャッシング申込をしたときの希望額が低く、本人確認だけで通過できた方もいるでしょう。どうして増額のときだけと、疑問に感じるかもしれません。

ここで不機嫌な態度をとっては、増額審査にマイナス。上で紹介している基準を見直して、提出依頼の妥当性を確認しましょう。

所得証明書類として使えるものは、源泉徴収票・確定申告書・直近2ヶ月の給与明細など。スムーズに引き上げを行いたいなら、依頼前に準備をしましょう。

銀行カードローンなど、一部のサービスでは、利用限度額に応じた段階金利が適用されます。増額ができると、利息負担が軽くなる場合もあるということ。

借り入れコストが、安いに超したことはないもの。先方から増額の提案があったら、とりあえず受けておくというのも合理的な判断です。

一つだけ注意してほしいのは、使い過ぎが心配な方は慎重に事を進めること。利用限度額が上がったのを良い事に、無計画に借り入れを増やすのは禁じ手です。

いつでもお金を引き出せる手軽さから、借金という意識がおろそかになりがち。自分のお金ではないことを常に意識し、収支を安定させる努力をしてください。

最後に、参考までに各大手消費者金融、銀行カードローンの上限限度額をご案内します。

各銀行カードローン・消費者金融の限度額

<大手消費者金融>
アコム (上限限度額500万円まで)
モビット(上限限度額800万円まで)
プロミス(上限限度額500万円まで)
アイフル(上限限度額500万円まで)

<銀行カードローン>
・上限限度額500万円まで
新生銀行カードローン「レイク」
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
楽天銀行「スーパーローン」

・上限金額800万円まで
三井住友銀行カードローン
オリックス銀行カードローン

・上限金額1000万円まで
住信SBIネット銀行Mr.カードローン
みずほ銀行カードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加