キャッシングの繰り上げ返済のメリットと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシングの繰り上げ返済のメリットと注意点
借りたお金は、なるべく早く返すに越したことはありません。ここでは、キャッシングの繰り上げ返済のメリットと注意点を見ていきます。


繰り上げ返済で得られる2つのメリット

キャッシングでお金を借りた場合、毎月決まった額を返済するのが通常です。口座引き落としや振込入金などで、定期的に支払いをします。

毎月の返済以外に余分にお金を返すのが、繰り上げ返済。返済を早めることで得られるメリットは、大きく分けて2つです。

まず何より、完済時期が早まること。人から借りたお金があるだけで、ひどく不安になる方もいます。毎月通帳を眺めては、借り入れを後悔することもあるでしょう。お金を返しきったときの、すっきりした気持ちは格別。大きなお金を借りてしまった後ほど、なるべく早い完済を目指すのが得策です。

次に、利息の削減効果。繰り上げ返済した分は、元金に充当されます。支払い利息は、元金に一定のパーセンテージをかけて計算されるのが通常です。繰り上げれば繰り上げるほど、支払い利息の総額が少なくなるということ。

余ったお金を貯金して来月の返済にそなえるよりも、どんどん返済を進めるのが賢い選択と考えられます。


一部返済と全額返済では手続きの方法がちがう

繰り上げ返済と一口に言っても、一部を返すのと全額まとめて返すのでは、手続きが異なるケースがあります。三菱UFJニコスを、例にあげてみてみましょう。

一部返済の場合は、ATM経由で支払いできます。指定のコンビニや金融機関に出向き、一ヶ月に二回を限度に振込で返します。一方、全額返済を希望する場合は、まずカード会社に連絡が必要です。

振込口座の指定を受けて、手続きをします。振込をする場合、手数料は顧客負担。小額取引だと、手数料分だけ損してしまう場合もあります。利息と手数料を比較して、どちらが得か考えた上で繰り上げ返済を決断しましょう。


リボ払いしている方ほど繰り上げ返済のメリットが大きい

毎月一定の金額を返していくリボ払い、家計の管理がしやすいからと利用している方も多いでしょう。毎月の支出が決まって分かりやすい反面、金利負担が重くなるのがデメリット。支払い回数が多ければ多いほど、支払い続けた利息をトータルすると驚きます。

「これ以上、金利を払うのがもったいない」と感じたときに便利なのが、繰り上げ返済。残額を一気に支払ってしまったら、それ以降の金利負担はかかりません。

実際の数字がないと実感がわかないという方のために、JCBのショッピングリボ払いシミュレーションを使って簡単な返済シミュレーションをしてみます。

・利用予定日:2014年8月1日
・利用予定金額:30万円
・手数料(実質年率):15%
・支払いコース:定額コース
・月々の支払い:3万円

JCBのショッピングリボ払いシミュレーション
JCBショッピングリボ払いシミュレーションより

30万円を借り、毎月元金3万円ずつ返す方法です。計算結果として得られたのが、支払い手数料「20,029円」、完済日2015年6月10日。30万円を借り入れしただけで、約2万円の利息がかかることが分かります。

もちろん、完済日までに追加のキャッシングがあれば、さらに利息がかさむことに。毎月は数千円程度の利息でも、完済まで通算すると万単位の負担がのしかかります。

これを高いと考えるか仕方がないと考えるかは、人それぞれ。お金が必要な状況を乗り切るための必要経費とする考えもあるでしょう。

一つだけはっきり言えるのは、なるべく早い段階で繰り上げ返済をするとお得なこと。

上の例で考えると、2014年10月地点で繰り上げすると、13,000円程度【20,029円-3,205円(9月利息)-3,328円(10月利息)】の利息削減効果が得られます。ついカードで買い物してしまったけど後から冷静になったという場合には、ぜひ検討してみてください。


家計を圧迫しない無理のない繰り上げ返済を

最後に一つだけ、繰り上げ返済の注意点です。
いくら利息軽減効果があるとは言え、無理な繰り上げはやめましょう。一社に返すために他社から借りて、なんてことになったら逆効果。全く現金がない状態は、不安な気持ちをあおります。

よく言われることですが、当面暮らしていける程度の現金はすぐに引き出せる状態にしておきたいもの。給料にすると、3ヶ月分程度が目安です。

今現在、全く蓄えがない方なら毎月のキャッシュフローを見直すこと。無駄な支出を削って収入の範囲で生活できるようにすると、家計の基盤が整います。それでもなお余裕があれば、どんどん繰り上げ返済を進めましょう。

返済が終われば、まるまる貯金できるようになり、浪費体質を治す良い機会に。計画的にお金を使う癖がつくと、キャッシングを利用する頻度も減っていきます。

結婚式が重なったり、急な出来事でお金が必要になったなら別ですが、自分の欲しいものを買う場合は、収入の範囲内で考えるのが基本です。

湯水のようにお金を使って、苦しむのは自分自身。お金との付き合い方を、今一度見つめ直してみてください。

やや大掛かりですが、低金利のキャッシングに一本化をして、他社を繰り上げ返済する方法もあります。おまとめローン専用ローンは、低金利で借りられる可能性が高い反面、追加の借り入れができないケースも。もうキャッシングに頼らないという強い意思がある方が、検討すべき返済手段です。

借り入れが膨らむと、冷静な判断がしにくくなります。残高を眺めていても、利息は毎日膨らむ一方。現実から目を背けても、なかなか先には進めません。

繰り上げ返済する・しないに関わらず、完済に向けた計画を整理し直してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加