オリーブファイナンスのキャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張る貴方を応援したい、がキャッチフレーズのオリーブファイナンス。
どんな貸金業者か知っていますか?

聞き馴染みのない消費者金融だったので、会社の詳細と金利や貸付限度額、担保・保証人は必要?などなど商品スペックについて調べてみました。消費者金融でお金を借りるときには、まず相手の実態を知っておく事が大切です。

申し込みに進む前に目を通して後悔しないキャッシングをしてください。


オリーブファイナンスの会社概要とキャッシング詳細

オリーブファイナンスは、平成14年11月設立の比較的新しい消費者金融です。事務所の所在地は、大阪市北区芝田2丁目2番13号 日生ビル東館4F。梅田駅から徒歩6分ほどのところにある大きめのビルに入っています。

登録番号は「大阪府知事(05)第11546号」日本貸金業協会会員「第000935号」ときちんと許可を得て運営している様子。金融庁が公表している違法な金融業者リストに名前がのっていないので、安心して利用できる会社のひとつと判断でいます。

キャッシング商品の詳細については、以下のように定めています。

利用限度額:5万円〜50万円
申し込み条件:満20歳以上で関西圏に住んでいる方。主婦・アルバイト・パート可能
利息水準:15.0%~20.0%
返済方法:元利均等返済方式 ( 最長5年の60回払い )
遅延損害金:15.0%~20.0%
保証人・担保:原則不要 ※審査結果によっては必要になる場合がある

利用限度額最高50万円は、中小規模の消費者金融としては妥当な数字だと思います。大手消費者金融のように100万円を超えるような融資をすることは考えにくいのが実際です。

最高利息水準20%は、やや高め。大手消費者金融はおろか、中小規模の会社の中でも最も高い水準と言わざるを得ません。

また、担保・保証人の欄の「原則」記載が気になります。消費者金融を検討している方のほとんどが周りに内緒の利用だと思います。担保や保証人が必要となると、お願いする相手に対しては契約の事実が知られることに。

友人や親戚にお願いしたところで、いつ配偶者に話しがいくかヒヤヒヤものです。審査結果の通知がくるとき「保証人が必要ですがそれでも良ければ」という伺いが入るとは言え、結果を待っている間はずっと気苦労が耐えないはず。

そこまでしてまでオリーブファイナンスを利用する価値はあるのか考えた上で申し込みに進みましょう。


オリーブファイナンスのキャッシング申し込み手順

申し込み方法は、来店・電話・ネット経由と3つのルートから選べます。急ぎの場合におすすめなのが、直接店舗に出向く方法。梅田駅からアクセスが良く、電車で行っても困りません。

電話の受付は、午前9:30から18:00。会社概要にある番号でなく、申し込み専用のフリーダイヤルに連絡しましょう。

オンラインで申し込みする場合は、公式サイトにアクセスして真ん中にある「お申し込みフォームへ」をクリックします。でてくる個人情報取り扱い同意書によく目を通した上で「同意する」をクリック。申し込みフォームのページにうつるので、間違いがないよう注意して記載します。

ここで驚いたのが申し込みフォームの簡潔さ。契約状態・氏名・生年月日・性別・配偶者の有無・自宅電話番号・携帯電話番号・メールアドレスを記載するだけで「入力内容確認」に進みます。

大手消費者金融に申し込みをしたことがある方はお分かりだと思うのですが、勤務先情報や住所・家族構成にいたるまであらゆることを聞かれるのが通常です。

フォームをうめるだけでゆうに30分はかかってしまうこともざらにあります。その点、オリーブファイナンスのフォームは心配になるほどシンプル。入力の手間はなるべく少ない方がいいという方は検討に値する会社と言えるでしょう。


実際の借入れをシミュレーション!10万円借りたとしたらいくら払う?

はじめてキャッシングする方は、利息をパーセンテージで示されても実際の借入れのイメージがつかない方がほとんどだと思います。

そんなときに使いたいのが「返済シミュレーション」。いくら利用して何回で返すか入力すると、返済イメージを出してくれます。たとえば10万円を10回払で返すとします。得られた試算結果は次の通り。

総支払額108,127円
総支払利息8,127 円
返済元本100,000円

これは1ヶ月を30日・適用利息実質年率18%とした場合なので、実際のケースだとやや誤差がでてくる可能性があります。分かってほしいのは毎月1万円弱の返済になって、8000円以上の利息がかかるということ。

10万円借りただけでもこの金額なので20万円・30万円と借りていけばもっと支払いが大変になります。どうしても今すぐお金が必要なら仕方がないことではありますが、コストがかかるということをきちんと覚えておきましょう。


オリーブファイナンスならブラックでも借りられる?

大手比較サイトの口コミレビューを見ると「ブラックでも借りられた」という記載があります。この口コミの真偽のほどは分からないまでも、ブラック状態でキャッシング利用が膨らむのは好ましいことではありません。

すでに複数社から借入れしていてさらに利用を増やすのは、自分をもっと追いつめることになります。安易に判断すべきではないものの、自己破産や債務整理をして一から出直すことも可能です。

借金をしないと家計がままならない状況のままでは、どんどん暮らしが苦しくなる一方。どこかで区切りをつけて生活を改善していく意識が必要です。

ブラック状態にある人は、一般的にキャッシングの利用はできません。大手消費者金融であっても中小規模の貸金業者であっても、生活をおびやかすようなリスキーな利用は抑制するのが基本です。

貸し倒れを防ぐ目的もありますが、一番は利用する人の今後を思っての判断。ある会社の返済をするために他社から借りて、とローテーションになってしまうとなかなか普通の生活には戻れません。

自分では客観的な状況把握が難しいとしたら、地域の生活支援センターに助けを求めるのもひとつの手です。

無料で相談に乗ってもらえる施設もたくさんあります。その場しのぎの解決策でなく、長期的に安定した生活を考えるのが一番のポイント。キャッシング地獄に陥らないよう、前向きな計画をたててみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加