イオン銀行カードローン 内緒でキャッシングするのに便利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fdhdfhrew
専業主婦がキャッシングしようとしても、選択肢は限られています。総量規制が開始されて無職の方への貸し付けが難しくなったためです。

イオン銀行カードローンは、専業主婦でも審査通過見込みがある数少ない商品の一つ。夫に内緒のキャッシングを考えている女性の心強い味方です。

ここでは、イオン銀行カードローンの詳細スペックとメリット・デメリットを紹介します。

あわせて審査通過率をあげるための基本的な対策を見てみましょう。キャッシング初心者でも分かりやすいよう説明していくので、最後までおつきあい頂ければと思います。


イオン銀行カードローンの特徴

イオン銀行は、イオングループが運営している金融機関。イオンスーパーにお買い物に行くと必ずと言っていいほどATMを見かけます。カードローンとは、保証人・担保無しでお金を貸してくれるサービス。

決められた金額の範囲内でスーパーのATMから現金を引き出したりや銀行にお金を振り込んでもらったりすることができます。銀行でローンを組むときのように決められた額を借りるわけではなく、好きな時に使いたい金額だけ借りられるというところがポイント。

月末で家計が少し苦しいときや子どもの学費がちょっと足りないときなどに重宝します。

イメージするなら、いわゆる「サラ金」の経営母体が安心して借りられるイオン銀行に変わっただけのもの。消費者金融に抵抗を感じる方でも、なじみがある銀行からの借入れなら安心です。

メガバンクをはじめとしてあらゆる銀行が同類のサービスを展開しているため、自分にあったカードローンを選ぶことが、より便利なキャッシングの何よりのコツ。イオン銀行の強みと弱み・どんな人におすすめのカードローンなのかを見てみましょう。


イオン銀行カードローンのメリット3つ

他の銀行カードローンと比較したとき、3つのメリットが考えられます。

1.収入証明書不要・専業主婦OK

何よりの特徴は、専業主婦の借りれることです。実際にキャッシング会社選びをしてみると分かりますが、全く仕事をしていない正真正銘の専業主婦を受け入れてくれる会社は少数派です。

「専業主婦OK」の記載があっても但し書きで「アルバイトなどをしている方」と条件がついてくることが多々あります。中小規模の街金融だと「夫の同意が必要」と言われるケースもあるでしょう。

内緒でお金を工面しようとしているのに夫に話しがいってしまっては全く意味がありません。

その点、専業主婦可能を明記しているイオン銀行は頼りになるキャッシングです。最大50万円と多少のしばりはあるものの、専業主婦がまず検討したい会社の一つと言えるでしょう。


2.適用利率が一定で分かりやすい

イオン銀行カードローンでもう一つ特徴的なのが適用利率14.8%に決まっていること。消費者金融と比較して、やや低めの水準です。銀行のカードローンの商品説明をよく読むと「○%〜○%の段階金利」となっていることがほとんどです。

最低金利と最高金利の差をとると10%以上の開きがあります。審査結果の通知を受けるときには実際に適用される金利が分かるのですが、何%に決まるのかはっきりしないまま申し込むのは不安です。

上限レベルの利息になることを覚悟していても、実際に通知がきた時に落ち込むことも考えられます。不安なまま審査結果を待つくらいなら、最初から利息が分かっている会社を使うと便利。

イオン銀行のサービスはキャッシング初心者に優しい良心的なシステムと言えそうです。


3.10万円の利用なら月々の返済はたったの3,000円

お金を借りたら当然返済をしなくてはいけません。イオン銀行で10万円以下のお金を借りた場合、月々の返済は3,000円で大丈夫です。

この程度なら、専業主婦であっても無理なく返していける金額だとは思いませんか?

旦那様のお給料で生活している以上、毎月の支払いが高額になると大変です。何かの拍子にお金が足りないことに気付かれてしまって、キャッシングが分かってしまうこともあります。

夫に内緒の利用という方ほど、小口でコツコツ返していく方法をとるのが得策。毎月の家計を圧迫しない金額で返済を進めることができるのはイオン銀行独自の魅力と判断できます。


イオン銀行に口座開設しないとキャッシングできないのは不便

一方のイオン銀行カードローンのデメリットですが、口座がないと使えないこと。イオン銀行ユーザーでない方は、口座開設をしてからの利用になります。

審査の申し込み時点では口座がなくても大丈夫ですが、ローンカードを受け取るときには口座が必須。一回きりの利用と考えていても、必ず口座を開かないといけません。

口座開設手続きをしてカードを受け取るまでには数日かかるのが通常なので、即日キャッシングは難しいということ。今日お金が必要な方が申し込みをしたところで、実際にお金を手にできるのは約1週間後と考えてください。

前もって準備しておけばいいのですが、お金が必要な場面は前触れもなく訪れます。本当に困ってはじめて行動しても、その日にお金を手にできないのは不便です。

カードの到着を待っている間は、ずっと不安な気持ちが続きます。数日間待ってでもイオン銀行カードローンを使う価値があるのか見極めが重要。もしくは、いざというときに備えてあらかじめカードを作っておくといいでしょう。


専業主婦ができる!イオン銀行カードローンの審査対策

最後に、専業主婦が審査通過率をあげるためにできる対策を3つ紹介します。

1.申し込みフォームを正しく記入

審査結果は、申し込みフォームの内容で決まります。夫に内緒にしたいからとうその情報を書いたりあえて未記入にしたりすると審査にマイナスに響きます。

良い返事が聞きたいなら、正しい情報を漏れなく記入すること。夫の勤務先や年収・家族構成など、きちんと確かめた上で書いていきます。自宅の電話番号を書いたからといって、自分が留守のときに「イオン銀行ですがカードローンの件で」などと連絡がくることはありません。

夫婦と言っても、借金の事実を無下に知られることがないようにしっかり配慮してもらえます。相手が誠実に対応してくれるのだから、申し込む立場としてもきちんとした態度をとりたいもの。

正しい内容をきちんと申告することは、お金を借りる人として守りたい最低限のマナーと言えます。


2.希望限度額は50万円以下にする

イオン銀行で専業主婦が借入れをする場合、どんなに多くても50万円までしかもらえません。それ以上の金額を希望欄に書いたところで審査落ちするリスクが高まるだけ。

50万円以下の金額を記入して、必要以上にキャッシングする意向はないことを伝えましょう。お金の使い方が荒いようだと、お金を貸す会社としても警戒します。

必要な分だけお金を借りてコツコツ返済する気持ちでいることを示すことが重要。「あわよくば」という気持ちで申し込みをすると自分の首をしめることになりかねません。

本当の希望は返済実績を積んだ後に伝えるとして、最初の申し込みでは限度額数十万円にとどめる配慮を持ちましょう。

3.他社との重複申し込みはさけること

キャッシングの申し込みをした履歴は、信用情報機関というところに残ります。信用情報機関とは、クレジットカードやキャッシングに関する情報をひとまとめにして保管しているところ。カードの審査の際には、必ず照会される情報です。

自分がお金を貸す立場になって考えると分かるのですが、あちこちに頭を下げている人はなかなか信用できません。必死に金策している様子を見ると、借金を踏み倒すつもりではないかと不安になります。

対金融会社でも、理屈としては同じです。イオン銀行カードローンが第一候補だとしたら、審査結果が出るまでは他社の申し込みを控えましょう。



イオン銀行カードローンを正しく使用している限り、ひどい取り立てにあう心配はありません。

一定の限度額に限られていることで、使い過ぎの抑制にもなる良心的なカードと言えるでしょう。

女性でもキャッシングを利用する方はたくさんいます。借金を毛嫌いしないで、本当に必要なときには利用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加