カードのショッピング枠の現金化は違法?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カードのショッピング枠の現金化は違法?
キャッシングできない方が現金を手にする方法として、クレジットカードの現金化が検討されることがあります。専門に取り扱う業者も見られることから合法な手法のように感じますが、実際のところはどうでしょう。

ここでは、現金化業者の手法とリスクを紹介します。無知なままに進めてしまうと、悪質な業者の餌食になってしまうことがあります。

数十万円のお金を手にするために人生を棒にふるようでは残念です。正しい知識を得て、冷静な判断をして下さい。


クレジットカードの現金化とは?違法になる?

クレジットカードと言えば、ショッピングに使う通常機能がメインです。付帯機能として、現金を借りることができる「キャッシング枠」がついているものがあります。

キャッシング枠をつけるには、消費者金融同様の審査があります。審査落ちしてしまった方が現金を手にするために使うのが、クレジットカードの現金化。ショッピング枠を利用して何らかの取引を行い、現金を手にする方法です。たとえば、以下のような事例が報告されています。

1.価値がないものを不当に高い値段で買わせて返金する

「CD-ROMをキャッシュカード払い50万円で購入してください。お礼に40万円のキャッシュバックが受けられます」などの誘いです。現金のキャッシュバックで誘い、ほとんど価値がない商品を買わせます。

ショッピング枠を使って現金が手に入るので得したように感じますが、普通にお金を借りるより随分負担が大きくなる方法。上の例だと、50万円 − 40万円 + キャッシングカードの支払い利息がコストです。

2.自社商品を購入させて一定のペーセンテージを抜いて買い取る

「この50万円の商品を買ってください。その後に80%の金額で買い取ります」という具合です。この場合も、負担が大きくなることは同じ。換金業者を使った現金化手法は、長い目で考えると損するシステムになっています。


3.換金性の高い商品を購入して転売するよう指示される

ある契約の代金支払いができなくなると、クレジットカードで新幹線の回数券や商品券などを買ってくるよう指示されます。それをそのままチケットショップに持っていき、得た現金をとる手法です。

どんなに換金率が高いチケットショップも定価では買い取ってくれません。自分にはお金が残らないため、後のカード返済に苦しむ事態になりがちです。



一見すると、現金化のデメリットは、コスト負担が大きくなるだけのように感じます。それは大きな間違いで「ショッピング枠を換金目的で使用しない」というカード利用規約に反する行為。

カード会社から契約解除をされた上に一括返済を求められても、反論はできません。

厳密には、代金完済までクレジットカードで買った商品は、カード会社の持ち物とされます。現金を得るために不当に処分する行為は「横領罪」に該当するおそれがあります。

そもそも現金化を目的として商品を買ったとしたら「詐欺罪」が適用される可能性も否めません。


現金化業者とのひどいトラブルに発展することも

そもそも、現金化業者自体が闇金融と変わらない悪質業者であることも考えられます。全うな古物商が、現金化事業に手を出すことはありません。「公安委員会許可済み」などの表記を見ても、安心して取引できる保証はないということです。

一度話しを聞いてしまうと、キャンセルできない・家族にばらすなどの脅しを受けるなどの被害が考えられます。実店舗がない場合、入金されないなどの詐欺行為に巻き込まれてしまうケースもあります。

もともとグレーゾーンの取引ゆえに警察に相談することもできないと、被害がどんどん拡大します。

対処法としては、現金化のリスクを知り、断る勇気を持つより他ありません。どうしても現金が必要だが現金化以外になす術がないという場合には、行政の相談窓口に連絡しましょう。政府広報オンラインに記載されている借金相談窓口は、以下の通りです。


借金相談窓口

・消費者ホットライン(消費生活相談窓口)
消費者からのあらゆる相談事を一手に引き受ける窓口です。電話をすると最寄りの消費生活センターの案内を受けられます。どこに相談に行ったらいいのか分からないときに相談すべき駆け込み寺的存在と言えるでしょう

・金融庁・金融サービス利用者相談室
金融機関とのトラブルに関して客観的な意見をくれます。消費者ホットライン同様、すでにトラブルが表面化している場合に解決に向けて動いてくれるわけではありません。状況に応じた相談先を教えてもらえるので、他の機関に連絡をして解決策を考える必要があります。

・法テラス・コールセンター
債務整理を含めた法的手段の相談窓口です。弁護士や司法書士の助けを必要としている方に信頼できる先を紹介します。実際に手続きを進めてもらうためには費用がかかりますが、法テラスへの相談は無料です。

同様の相談は、弁護士会・司法書士会でも受け付けてもらえます。都合が良い場所を選び、まずは話しをしてみましょう。



一時しのぎで現金化業者からお金を受け取っても、根本的な問題解決にはなりません。グレーゾーンの取引を行ったことが原因でブラックに近いお金を得る方法に関心を持つようになると、取り返しがつかなくなります。

悪いことは悪いと言える心を強く持ち、あやしい誘いに乗らないこと。一生懸命働けばお金を取り戻すことができても、悪い人たちと付き合った過去は消えません。

繰り返しになりますが、カードの現金化は気軽に手を出していいものではありません。他にお金を工面できる手段があるとしたら、まずはその方法を検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加