勝手に妻(夫)に自分名義でキャッシングされた場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝手に妻(夫)に自分名義でキャッシングされた場合の対処法
夫婦であっても、名義を借りてお金を借りることは許されません。妻もしくは夫に勝手にキャッシングされたらどうすればいいのでしょう。お金の力はこわいもので、人格をも変えてしまいます。

好きで結婚した相手を疑いたくない気持ちは最もですが、早く対処してあげないと取り返しがつかないことになります。一緒に乗り越えていこうという気持ちで、対処法を知りましょう。


配偶者が勝手に行ったキャッシングの支払い義務はない

まず勝手に作られてしまったローンカードに関してですが、たとえ家族であっても偽造扱いにできます。車両盗難にあい、本人確認書類を悪用された場合と同じです。

偽造されたカードが使われていたとしても、自分自身に支払い義務は生じません。請求が来た時点でカード会社に連絡をして、事実確認をしてください。

ただし、キャッシング会社は誰が偽造を行ったのか事実確認を急ぎます。自分たちも被害者と考えるため、警察に被害届を出すことになります。契約を行った妻は、本人確認証を盗んだ場合は窃盗罪・ねつ造していた場合は有印私文書偽造罪や行使罪・キャッシング会社を騙して契約した詐欺罪などに問われても仕方がないという覚悟が必要です。

たとえまだ使っていない状態だったとしても、刑事罰に問われるリスクはあります。身分証明書を勝手に借用した事実を知らない限り、あなたが罪に問われることはありません。その分、悪いことをした配偶者に、罰則があることを理解した上で金融会社に連絡しましょう。


事情を聞いた上で名義を貸すと自分も罪に問われてしまう

では、妻がお金に困っていてあなた名義でローンカードを作ると言い出した場合はどうでしょう。他人名義で契約をすることは、金融機関への詐欺行為です。

名義を貸しただけとは言っても、あなた自身も罪に問われてしまいます。
共働きの場合、妻自身でカードを作れないということは、かなりお金に切迫した状況と考えられます。

まずは、どうして自分名義でカードを作ることができないのか・今現在残っている借金はどのくらいあるのかなどを確認しましょう。がんばれば一緒に返していけるくらいのお金なら、一旦自分が立て替えて全額返済を行い、妻に対する貸し付けとして処理することをおすすめします。

ただ、繰り返し使ったキャッシングから借金依存体質になってしまっていることもあるので、状態を慎重に判断するべきです。繰り上げ返済してしまった後に再び枠を使い切ってしまったら、夫婦で破綻に陥ります。

借金依存症は、パチンコやカジノにはまってしまうのと同じれっきとした病気です。借りたお金で買い物を繰り返しているとしたら、買い物依存症になっている恐れもあります。

「どうしてそんなにお金を使ってしまう」としかったところで、なかなか解決には至りません。本人もどうしてそんなにお金を使ってしまうのか分からない状態で買い物を続けていることが多いためです。

お金を貸して完済させるにしても、キャッシュカードは確実に解約させましょう。一枚もないことに抵抗があるとしたら、限度額をぎりぎりまでおさえたカードを残し、毎月明細を見せてもらうよう約束します。現金の引き出しがあったときには、何に使ったのかを確認しましょう。

数ヶ月に一度、美容室に行くために3万円借りた程度の支出なら、女性として許容範囲の支出です。使った分をきちんと返済していることを確認し、計画的に収支ができているようなら我慢できたことを褒めてあげます。

もちろん、毎月のお給料からいくらかはあなたへの返済にまわしてもらいます。「かわりに返してあげる」のではなく「一時的に立て替えてあげている」状況だと、自覚してもらうことが目的です。

助けてあげたい気持ちはやまやまでも、代わりに何とかしてあげている限り配偶者の浪費癖は治りません。これまで通りお金が使えないことにイライラする妻(夫)を見るのはつらいことではありますが、いつかは当たり前の幸せが帰ってくると信じて、二人で頑張っていきましょう。


ローンカードを取り上げただけでは問題は解決しない

ATM等でキャッシングできるローンカードを勝手に作られたことに気付いた段階で取り上げれば、一時的に問題は解決するかのように感じます。ところが、これはキャッシングを使ったことがない方の発想。

ネット上のマイページが生きていれば、カードがなくても借入れできます。たとえば、生活用資金の管理先として夫(妻)名義で口座を作っていたとします。管理をしているのが夫(妻)で、自分はノータッチだとしたら、そこを振込先にしていることが考えられます。

振込融資の申し込みをすれば、口座にお金が入金されます。生活資金から節約した分で返済すれば気付かれないと利用を繰り返し、知らないうちに借金がふくれあがっては大変です。カードを使ってATMから引き出す以外にもお金を借りる方法があることを、肝に命じておきましょう。

対処法としては、カードの解約が考えられます。方法は銀行や消費者金融などの貸金業者によって異なるため、カスタマーセンターに問い合わせましょう。

ローンカードが生き続けている限り、いつでもお金を借りられる状況が続きます。何度話し合いをしても、判断力が劣っている配偶者を何とかすることはできません。

放置していたことが原因で、あなたの信用情報にマイナスが残れば、ローンを組むときに足かせになることがあります。住宅ローンや事業用資金の融資のような、まとまったお金が必要な場面ならなおさらです。

使用しているカードは全て出してもらって、一緒に解約手続きを行うこと。どんなにカードを使いたくても、もう借り入れできないという状況を作ってしまえば、借金依存を克服しやすくなります。程度の差こそあるものの、一度キャッシングを覚えてしまうと、抜け出すのが大変です。しばらく苦しい想いをさせることは承知のうえで、急ぎ処理を進めてください。

夫婦二人の話し合いで何ともならないほど深刻なら、市区町村が運営している法律家の相談窓口に聞いてみるのも一つの手です。30分だけなど時間制限があることがほとんどですが、客観的な意見を聞くと参考になります。

行政サービスを利用することは、恥ずかしいことではありません。夫婦の問題を他人に話すことを躊躇しないで、解決に向けた行動を起こしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加