賭け事で作った借金は踏み倒せる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賭け事で作った借金は踏み倒せる?
まじめな人ほど賭け事にはまって、身を滅ぼしてしまいます。結婚してから夫のギャンブル癖に気付いて悲しい想いをする方もいるでしょう。

自分のお給料の範囲でまかなっているならまだしも、借金をして苦しむようでは身が持ちません。賭け事で作った借金の取り扱いに関する基礎知識を学び、無計画にお金を使う生活から抜け出しましょう。


パチンコや競馬の場合は原則的に免責がおりない

身近な賭け事の例として、パチンコや競馬で作ってしまった借金はどうでしょう。

破産法では、浪費や賭博で著しく財産を減少させた場合免責許可はおりないとされています。原理原則に則って判断するなら、自己破産は難しいと考えるのが妥当です。

まれに、裁判官の判断によって裁量免責がなされることもあります。免責不許可事由になる場合でも、行為の動機・本人の反省度合い・破産者の更正の可能性をふまえて裁判官が許可するケースです。

自己破産が認められると、資産を全て処分する必要がでてくるかわりに、借金がなくなります。全てが免除とならなくても、一部が免責されることも考えられます。

たとえば「1,000万円のうち750万円は免責する」という具合です。ただし、免責を得るためには、長い裁判にたえていく必要があります。自分では何ともならない場合には、弁護士をたてて交渉をお願いします。自己破産となると、自宅も手放さなくてはいけません。家族に内緒で手続きをすすめるのは難しいと考えてください。

なお、賭博には、FXや先物投資も含まれます。レバレッジを大きくかけて勝負にでて負けがかさむと、取り返しがつかないことになります。投資は、自分の裁量を守って行うものです。余裕資金と生活資金をきちんと分けて、冷静に判断していく賢明さが必要です。


野球賭博など法外な賭け事の借金は無効になることも

では、野球賭博のような違法なギャンブルの場合はどうでしょう。多額のお金をかけてゲームをすることは「賭博罪」にとわれます。行われていた行為自体が違法なので、法律上の支払い義務は発生しないと考えられます。

ただし、まがいなりにも悪質な団体からお金を借りたことになるので、どんな方法で取り立てがくるか分かりません。会社や親族にまで取り立てが及ぶと、人生を棒にふってしまいます。

公正証書を作成して、借金を正当化しようとたくらむ集団もいるでしょう。強制執行を認める旨が書かれている書類にサインをしている場合、財産の差し押さえを余儀なくされます。

公正証書の無効を訴え「強制執行停止の申立て」をおこす必要があります。法律家の手を借りて行う大掛かりな交渉です。

なお、ここまでしてもすでに払ってしまったお金を取り返すことは難しいと考えてください。社会的に非難される行為に参加した末に自分の財産を取り戻そうと考えるのは合理的でないと言えるためです。非合法な方法でお金儲けをしようとしても、素人なら泣きをみます。怪しい話しにはのらないのが一番と考えて、一生懸命働いた資産と家族を守りましょう。


踏み倒しするのではなく整理して返済を

借金を何とかする方法は、自己破産だけではありません。任意整理・特定調停・個人再生と3種類野方法のメリット・デメリットを知りましょう。

1.任意整理

借金をした相手と話し合いをして、返済額と方法を見直します。残額が残っているときに返還請求をしたときも、任意整理扱いになります。利息を再計算することで総返済額が少なくなる可能性がある点がメリットです。

ただし、あくまで話し合いで解決を目指す方法ゆえに根本的な解決にならない場合もあります。借金が膨らんでいても、計画さえ立て直せば、再建できる見込みがある方が選ぶべき方法と言えるでしょう。

2.特定調停

借金が重なって支払い不能になる恐れがある場合、簡易裁判所の調停委員の協力を受けて分割払いを検討します。

裁判所を通した任意整理と考えれば良いでしょう。手順さえふまえれば、法律家の手を借りなくても処理できます。費用をなるべくおさえて借金を何とかしたい場合は、この方法を検討します。

3.個人再生

住宅ローンをのぞいた借金が5000万円以下の場合に検討される方法です。裁判所に申し立てを行い、借金の一部を免除してもらいます。複数から借入れがある場合、ある会社だけを対象に手続きすることはできません。

また、他の方法同様に信用情報機関に記録されます。一定年数がたつまでは、クレジットカードやキャッシングの使用は難しいと考えましょう。

ギャンブルに一度はまってしまうと、抜け出すのは大変です。これ以上してはいけないと分かっていても、やめることができなくなります。ギャンブル依存はれっきとした病気です。自分の意思でどうにもならない場合は、医療機関や支援施設に協力してもらいましょう。

ストレスを抱えながら働いたお金を一気になくしてしまったら泣ききれません。借金の踏み倒しを考えるより、借金を増やさない努力をすること。家族や友人の手を借りてでも、自分を見つめ直す機会を持ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加