口約束で借りたお金は返済する必要はない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口約束で借りたお金は返済する必要はない?
恋人同士のお金の貸し借りだと、借用書をとらない場合がしばしばあります。出世払いなどという言葉で濁して、いつまでもこげついてしまうこともあるでしょう。

いざ別れの場面になって「あの時のお金を返して」と言ったところで、素直に応じてもらえる保証はありません。口約束で借りたお金は返す必要があるのかどうかを見てみましょう。


口約束でも金銭消費貸借契約は成立する

お金の貸し借りに関する法律は「金銭消費貸借契約」です。たとえ口約束であっても、「たしかに借りたお金であること」「お金を受け取ったこと」を満たしていると有効です。お金を受け取った時点で契約成立となるため「貸してあげる」と言ってしまっても、渡していなければ無効です。

契約が成立したら、約束した返済日に返す必要があります。明確な期限をつけている場合は、指定日までに返さなければ「支払い遅延」です。消費者金融の返済日に遅れた場合と同じように、遅延損害金の請求もできます。

個人間の貸し借りだと「土地が売れたら返します」のように不確定期限を設けることもあるでしょう。その場合は、条件を満たした時に返済期日が到来します。土地が売れているにも関わらず返済しないとしたら、口約束だったとしても「お金を返してほしい」と催促できます。

口約束だからと言って、返済する必要がなくなることはありません。覚えていないふりをしても、相手が法的な証拠を整えてくることも考えられます。「ない袖はふれない」としらを切ったところで、お金のトラブルは帳消しにはなりません。自分が借りた立場なら、誠意を持って返却するのが妥当でしょう。

お金を返してもらえない場合はどうしたらいい?

逆に貸した立場にあって返済してほしい場合は、何とか証拠を集めます。お金をあげたわけではなくて「貸した」という共通認識があったことを証明するために必要な資料です。

たとえば、借用書・領収書・催促の手紙・メールなどが考えられます。個人間では合意にいたらない場合には、裁判も選択肢になってきます。

公平な立場の裁判官から見て「貸したお金」と判断できる証拠がないと、借金と認められることはありません。

「言った」「言わない」の水掛け論を避けるためにも、条件は必ず書面で残しましょう。その場でお金を渡してしまっても、貸した日付を明記した借用書を作成できます。

感情に押し流されて出したお金を後から悔やんでも、何もしないでかえってくるものではありません。冷静になり、証拠集めに徹することをおすすめします。

個人間の借金にも時効がある

個人間のお金の貸し借りの場合、10年たつと時効となります。この期間が過ぎたからすぐに契約が無効になるわけではなく、時効を主張する「時効の援用」が必要です。

具体的には、内容証明で通知を送る方法があります。相手の承諾はいらないので、送った時点で時効成立。借金はなかったものとされ、返済する必要はなくなります。

ただし、10年間相手の催促を聞かなければいいというものではありません。途中で「借りたことは認めるが今は返せないから待ってほしい」など話していると、その時点で時効が中断されます。100万円のうち、とりあえず1万円払ったなどという場合も同様です。

極端な例だと9年11ヶ月たったときに「100万円貸したけど書類にサインしてくれたら30万円でいい」などと言われてサインした場合も中断事由に該当します。

あと1ヶ月何もしないで過ごしていたら帳消しとなっていたものが、再び10年有効な借金に逆戻りします。つまり「確かに相手からお金を借りている」ということを認めた時点が時効の中断になるときです。

借金の事実を認めたからには、誠実に返済していく必要があります。自分で何もアクションを起こさなかったとしても、相手が支払い督促を行えば時効成立は先延ばしです。法的に無効とされるまで逃げ切ることは現実的でないと考えましょう。

個人間で合意できない場合は弁護士に依頼する

高額なお金を貸したのに返してもらえない場合には、弁護士に依頼します。貸した金額と日付が明確になるような証拠を用意して、専門家に相談しましょう。

本人同士が話しあってもうまくことが進まなくても、第三者が介入するとビジネスライクに話し合えます。感情に流されてあいまいな結論を出すことがなくなるので、すっきりとした気持ちになるはずです。

もちろん、相手も弁護士をたてて交渉してくることも考えられます。その場合、専門家対専門家の勝負になるので結論を待つより他ありません。自分がたてた弁護士から資料の提出をお願いされたら、できる限り応じましょう。

通話履歴やメール履歴をたどることで、何らかの手がかりがつかめます。証拠が多い程、話し合いが有利になります。一時的にストレスはかかりますが、もやもやした気持ちを抱えるより合理的なはず。「なかったはずのお金」と泣き寝入りするのが嫌なら、正当な話し合いで相互納得できる結論を出しましょう。

ありきたりなことですが、お金の貸し借りをしないにこしたことはありません。知人から金銭的な支援をお願いされても、気が進まない時には「ノー」という勇気を持ってください。

相手が家族や近親であっても、お金の力はこわいものです。面倒ごとに巻き込まれて自分がつぶれてしまっては、どうにもならなくなってしまいます。

どんな場面に遭遇しても、自分を信じて行動すること。貸す時にも借りる時にも、それなりの決意が必要であると心得ましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加