身内に返済事故者がいるとキャッシングの審査に落ちる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身内に返済事故者がいるとキャッシングの審査に落ちる?
「夫にブラック履歴があるからカードローンは難しい」「両親がキャッシング延滞で債務整理を行ったが私にマイナスはないのか」そんなことでお悩みではありませんか?

カードローンやキャッシングの契約は、対個人で行うものです。近親者の情報は関係なく、本人の信用情報だけが影響すると考えるのが通常です。ところが、ネット上では、身内の返済事故で審査に落ちたという声も散見されます。

実際のところはどうなのかと審査対策としてできることをきちんと整理してみましょう。


家族の返済事故と本人の信用情報は無関係

返済事故を起こすと、一定期間信用情報機関に保管されます。キャッシングの審査では必ず情報の参照が入るため、事故履歴のある方は審査落ちしてしまいます。

信用情報は、世帯単位で記録されるわけではなく、一人一人に対して残ります。家族が返済事故を起こしたとしても、あなたの情報は無傷です。

本人以外の情報を勝手に参照することは、倫理面で大きな問題。全うな会社が、堂々と行うことではありません。本人がきちんと働いて信用にたるスペックならば、審査に何ら問題ないと考えるのが通常。他の人と何ら変わりなく、審査通過の見込みがあります。

マイナス影響が出るケースとして考えられるのは、家族の延滞をうしろめたく感じて、申し込みの際に自ら申告してしまうこと。キャッシングの審査結果は、担当者の心象も考慮されます。

家族がお金に困っていること・自分も何らかの支援をしている状況などを話した場合、家計が圧迫されていると判断されるリスクがあります。細かな情報がないと判断できないと考えた場合には、家族の信用情報開示に同意するようお願いされる可能性も否めません。

同意さえ受ければ、正規ルートで開示依頼ができるからです。詳細を知って「これは危険」と判断すれば、審査通過は難しくなります。

また、審査落ちとはならなくても、限度額判定にマイナスがでることも考えられます。家族の延滞の事実を告知する義務がない以上、あえて伝えないという選択が妥当でしょう。


審査対策としては身内が返済事故を起こした金融業者を避けること

他、家族の返済事故が気付かれてしまう可能性として、同じ金融会社に申し込みをした場合が考えられます。

たとえば、同居の夫がプロミスでお金を借りて返済不能に陥ったとしましょう。債務整理にまで陥らなくても、数ヶ月以上延滞した記録は、社内データベースに残っています。

さらに支払いを待ってほしいがばかりに「妻が体調不良で余裕がない」などと、理由を告げていたらどうでしょう。事実はどうあれ、プロミスの記録上は「お金に余裕がない世帯。

いざというときには支払い遅延が起こるリスクがある」「奥様は病気がちでお金に困っている家庭」として認識されます。妻がプロミスに申し込みをするときには、自宅の住所や電話番号を記載します。

夫の申告していた番号と一致すれば、情報は筒抜けです。お金を貸すのは不安と判断されれば、当然審査はマイナス評価。重大な返済事故を起こしているほど、審査落ちするリスクが高いと言わざるを得ません。

さらに気をつけてほしいのは、銀行のカードローンに申し込みをするケース。銀行では、消費者金融・信販会社を保証会社にしていることがほとんどです。

たとえば、プロミスの正式な会社名は、SMBCコンシューマーファイナンス。銀行のカードローンの利用条件に「SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられること」と記載があれば、審査に影響するリスクがあります。

例をあげるなら、三井住友銀行カードローン。銀行独自の審査に加えて、プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)の審査が入ります。保証会社が不安に感じる要素があれば、契約にはいたりません。

身内の事故と自分は無関係と考えていても、お金を貸す立場で考えると、不安に感じるのは当然です。影響をなるべく少なくしたいなら、身内が事故を起こした会社は避けること。銀行のカードローンを選ぶ場合にも、必ず保証会社を調べた上で申し込みに進みましょう。


専業主婦の審査は夫の返済事故が影響するリスクがやや高い

一部の銀行カードローンでは、全く収入がない専業主婦でもお金を貸してもらえます。通常のキャッシング同様に対個人の契約ではありますが、返済源として見られるのは配偶者の収入です。本人も働いている場合と比較すると、夫の信用状態に左右される可能性が高いと考えられます。

審査通過率をあげるためには、自分自身が働いて一定の収入を得ていくこと。所得があり自律した一人の人とみなされれば、夫の事故に影響されるリスクが低くなります。

一定の収入と言っても、週5の正規勤務にこだわる必要はありません。週2~3日固定シフトでパートに出るだけでも、安定さえしていれば大丈夫です。個々の状況にもよりますが、金策をたてるより所得を増やす方がストレスを軽減できることもあります。無理のない範囲で自分も働くという選択肢を、まず検討してみましょう。

身内の返済事故があるからと言って、絶対に審査に通らないわけではありません。ただ、同居や続柄によっては足かせになることもあることを理解しておきましょう。

お金を借りたらきちんと返すのが当たり前です。自分の気のゆるみが家族にまで影響すると考えれば、なおさら自覚がでてきます。返済遅延だけでなく、解約や債務整理も同様です。家庭を持ったからには自分一人の問題ではないと考えて、誠実に対応しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加