生活保護を受けているとキャッシングの審査に落ちてしまう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fhawhh
生活保護者の暮らしが、時々ニュースで取り上げられます。働いていても収入がなかなかあがらず、支援を受けて生活したいと考える方もいるかもしれません。

最低限の生活を維持するために必要な制度ではありますが、支給を受けるといろいろな不便がでてきます。原則的に、キャッシングはできません。生活保護に関する基礎知識を知ることで、お金に関して考え直すきっかけにしてください。


生活保護とは?どんな人が受給できるの?

ざっくり言うと、国のお金で生活させてもらう支援制度。生活保護は、世帯単位で申請します。同じ世帯全員が資産・能力などをつくしても、最低限の生活がままならないときに成立するもの。

預貯金や土地・住宅を持っているときには、その処分が優先されます。自動車や貯蓄型の保険も、資産の一つ。全てをお金に変えた状態での生活力が、判断されます。

住宅ローンが残っている住宅がある場合、自宅を売却して返済を迫られることに。受給したお金を借金の返済にあてることはできないため、債務整理を余儀なくされます。

頼れる親族がいる場合には、身内からの援助の検討が必要です。両親と不仲・自分自身の問題なので身内に迷惑はかけたくないなどの理由は、考慮してもらえません。


生活保護を隠してキャッシング会社に申し込みするリスク

仕事をしながら生活保護を受けている方も、たくさんいます。この場合、保護を受けている事実さえ隠していれば、キャッシングの審査に通るかのように感じます。受給情報を隠して契約してお金を借りると、どんなリスクがあるのでしょう。

まず考えられるのは、不正受給とみなされる可能性があること。支給されたお金は、以下のようなものに使うよう制限されます。

・衣食など日常的に必要なものへの支出
・定められた金額の範囲での住居費
・義務教育を受けるのに必要な学費
・医療扶助 ※本人負担無しでサービスを受け、公的機関が事業所に支払い。
・介護サービスの利用費用 ※医療費同様に本人負担無し。
・出産にかかるお金
・葬儀に必要なお金

支給されたお金を、借金の返済に使うことは許されていません。キャッシングの支払いに使うと、不正受給にあたります。悪質な場合は、保護停止になることも。せっかく安定しかけた生活が、再び不安定に逆戻りです。

さらに、キャッシング会社に生活保護を受けていることを気付かれたらどうでしょう。先方も、国の制度に逆らうような貸し付けはしたくないのが本音です。

返済能力がないことを理由に、解約処分になることも考えられます。国の支援を受けているということは、それだけ生活が苦しい証拠。安心してお金を貸せる状況とは、言いがたいのが実情です。生活保護を受けることは、恥ずかしいことではありません。ただ、節度を守って暮らす意識は重要。キャッシングの申し込みをする前に、本当に必要なお金なのかを今一度考えてみてください。


生活保護を受ける前から使っているキャッシングがある場合

生活保護を受ける前から使っているキャッシングがある場合、残高の返済が先決です。一括で返せない状況なら、自己破産を検討します。繰り返しになりますが、キャッシングを維持しながら保護受給することはできません。

資産も負債も何もないゼロからの状態になりはじめて受けることができるシステムです。

保護を受けるには自己破産しなくてはいけないと聞いて、愕然とする方もいるでしょう。少し都心から離れた地域に行くと、支援を受けて生活している人が以外といます。

周りに多いと自分も受け取ることができると考えがちではありますが、受給には覚悟がいると今一度言い聞かせてみてください。

破産するくらいなら働いて何とかしたいと考えるなら、一つの選択だと思います。自己破産してしまうと、ブラック情報に記載されます。一定期間は、住宅ローンやカーローンはおろか、クレジットカードすら持てない状況に。

借金の苦しみから逃れることはできても、日々の楽しみも制限されます。保護受給が決まったら、さらに制限される内容が増えるはず。

自分たちがどうやって生活しているのか、ケースワーカーに筒抜けです。言い換えると、自由な生活を望むのか・安心を望むのかの選択。どうしたら自分が幸せなのかを、ゆっくり考えて決断しましょう。

キャッシングの返済を終えてから保護を受けるのも一つの手

「生活は何とかしたいけど自己破産は免れたい」と考えるなら、なんとかして残高を返済しましょう。一生懸命働きどうしても必要なもの以外の資産を処分したお金でキャッシングの返済を行ってから、保護申請をすればブラック履歴にはなりません。

数年保護を受けながら働いて、支援なしでも生活していける状況になったら、解除申請をしてください。ケースワーカーから見て、自律可能と認められれば、保護打ち切りになります。

その後、どうしてもという場合にはもう一度キャッシングの審査を受けることが可能。保護を受けていた過去で信用情報が傷つくわけではないので、通常通りに進みます。

生活に困窮したときに長期延滞を繰り返したなどの障壁がない限り、審査通過の見込みがあります。生活保護は、一時的なセーフティーネットにすぎません。

一度受給したら、一生抜け出せないものではないということ。安易な利用は禁物ですが、自分の足でたつ暮らしへの手助けをしてくれるものと割り切りましょう。



まとめると、生活保護を受けているとキャッシングの審査に落ちるというより、生活保護を受けながらキャッシングを考えること自体が問題ということです。

保護費をうけとってもなお生活が苦しいようなら、ケースワーカーに相談しましょう。資金用途によっては、専用の貸し付けを受けられることがあります。

保護を受けると免除されることが多く生活が安定する反面で、制限事項もでてきます。個々の状況と考え方によって最適な判断は、異なるもの。自分では判断できないというようなら、市役所の担当課に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加