キャッシングするならレイクとノーローンどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無利息期間が充実したキャッシングなら「レイク」「ノーローン」が有名です。利息を払うことなくお金が借りられるなら、こんなにうれしいことはありませんよね。どちらを選べばいいのか迷っている方のために、2つの無利息システムを比較します。負担をおさえてキャッシングできるよう、参考にしてみてください。

※モビットとレイクのカードローン比較は以下をご覧ください。
⇒モビットとレイク、借りるならどっち?徹底比較

レイクとノーローンの無利息キャッシングを比較

無利息キャッシングと一口に言っても、金融会社によってサービス制度が異なります。まずは、システムの詳細を知りましょう。

レイクの無利息サービス

はじめてキャッシングする方限定で、5万円まで180日間無利息が適用されます。限度額1~200万円との制限がありますが、ほとんどの方がサービス対象になるでしょう。

すぐに返済する予定の方は、初回契約日から全額30日間無利息サービスを利用することも可能。両方の特典を併用することはできないので、どちらかを選択して使うことになります。

たとえば、12/10に限度額50万円のうち10万円を借りたとします。30日以内に一括返済予定なら全額無利息が有利です。

まとまった返済はしないで毎月コツコツ返す予定だと、180日間無利息が有利とも考えられます。どちらを使うとどのくらい有利になるのか知りたい方は、公式サイトの返済シミュレーションツールを使って調べてみましょう。


ノーローンの無利息サービス

ノーローンの無利息キャッシングは、何度でも利用できるのが特徴です。契約からどれだけたっても、借りた日の翌日から7日以内に返済すれば利息無しで借りられます。たとえば、12/10に10万円を借りたとします。12/11から起算して7日以内に返済すれば、利息は0円。その月はもう無利息キャッシングができませんが、月をまたいだ1月は無利息期間が適用されます。



レイクとノーローンのどちらを選ぶのが得かは、キャッシングの仕方によって変わります。給料日前の数日だけいつもお金が足りなくなってしまうという方は、ノーローンを選びましょう。

7日では返せる見込みがなかったり、一度限りある程度の金額を借りてコツコツ返したいという考えだったりする方は、レイクを選ぶといいでしょう。

きちんとシステムを理解して利用することが、上手なキャッシングの秘訣です。失敗しない借入れのために、よく考えてみて下さい。


コンビニ利用がメインの人はレイクがおすすめ

ここからは、無利息期間以外の項目に目を向けてみます。ノーローンと比較してレイクの強みと言えるのは、ATMの手数料です。

提携コンビニから借入れするのも返済するのも、レイクなら無料。セブン銀行・ローソンATM・イーネットの全てに対応しているので、どこでも気軽に利用できます。出張先や旅行中で少しお金がたりないときに、非常に助かるシステムです。

ノーローンを含めた他社の場合、1万円以下の利用で108円・1万円超だと216円かかるのが通常です。

月に何度か使うだけで、軽視できない出費になります。手数料がもったいないからと、まとめてお金をおろしていくと、残高が積み重なる一方。気付いたときには、返済が難しいほどの額に陥ってしまうこともあります。

キャッシング頼りの生活にならないためには、本当に必要な額だけをその都度おろして使うのが健全な利用方法。お金の管理に自信がない方ほど、レイクを選択することをおすすめします。


楽天銀行に口座があるならノーローンが便利

振込融資を使う場合は、銀行の営業時間に左右されるのが通常です。規定の時間を過ぎてから手続きすると、手元にお金が入るのは翌営業日になってしまいます。

その点、楽天銀行に口座があるノーローン利用者は24時間すぐに反映されるので安心。土日も含めて対応してもらえるのは、大きな強みと言えるでしょう。

なお、リアルタイム融資を利用するためには、口座開設後に取引口座の登録が必要です。会員専用サービスにログインして、口座情報を入力します。いざ使おうというときに慌てなくてもいいように、契約手続きが終わったら、登録をすませておくと安心です。

また、楽天銀行を使っている方は、ポイント制度に魅力を感じていることと思います。ノーローンで借りたお金を返すときに支払い利息に応じた楽天スーパーポイントがもらえることも、大きな特徴の一つと言えます。

たとえば、支払い利息1,000円以上5,000円未満なら30ポイントがもらえます。5,000円以上10,000円未満なら70ポイント。以降、25,000円まで段階的にポイント加算を受けられます。「同じお金を返すなら特典がつく方法を」と考えるのは当然です。楽天を頻繁に利用する方なら、検討してみてもいいでしょう。


レイクもノーローンも専業主婦の利用は不可

レイクもノーローンも、新生銀行グループに属する会社です。ただし、全く収入がない専業主婦(主夫)が利用することはできないので注意が必要。レイクとノーローンの公式サイトを見ると、下記旨が明記されています。

レイク:主婦/主夫の場合、安定した収入がある方は申し込みできます。

ノーローン:配偶者のご同意があっても、ご本人に収入がないとご融資することはできません。

夫に内緒のキャッシングを検討している方は、専業主婦可能の条件で金融会社探しをする必要があります。申し込み資格を満たしていないと、無駄な時間になってしまいます。

どうしてもレイクやノーローンを使いたいなら、少しでも働くこと。週に何回かでもパートに出れば、所得条件をクリアできる見込みがあります。

世帯収入があがれば、借り入れ無しの生活にも近づきます。キャッシングをしなくても家計が成り立つようになれば、儲けものです。

お子様が小さい・体調が優れないなどで働けない事情がある場合には、専業主婦可能をうたう商品を探すこと。大手銀行のカードローンから、めぼしいものを探しましょう。

レイクもノーローンも、しっかりとした経営をしている金融会社です。それぞれ独自のサービスを用意して、利用者の生活を応援します。どちらを選ぶのが適切かは、個々の状況で異なってきます。諸条件を見直して、納得がいく決断をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加