クレジットカードのキャッシング枠VS信販会社のカードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードのキャッシング枠VS信販会社のカードローン
クレジットカードでキャッシングする他に、同じ信販会社が発行しているローンカードを持つ手もあります。キャッシング枠を使うのか・カードローンを発行するかで迷う方もいるでしょう。

ここでは、主要な信販会社をとりあげて条件面を比較します。あわせて、どんな時にどちらを選ぶのがより得かを考えてみます。自分に合った商品を選ぶことが、後悔しないキャッシングのコツです。申し込みをする前に目を通して、有利な条件で借りましょう。


オリコカードのキャッシングVSオリコカードローンCREST

オリコカードのカードローンには、スタンダードな「CREST」・女性をターゲットにした「CREST JEWEL」・個人事業主対象の「CREST for Biz」の3種類があります。一番ポピュラーな「CREST」と通常カードのキャッシング機能のスペックを比べてみましょう。


オリコカードのキャッシング機能

貸付利息:実質年率15.0%~18.0%
利用可能枠:10万円~100万円
返済方式:1回払い・リボ払い
借入方法:提携金融機関ATM・コンビニATM・eオリコサービス・電話


オリコ カードローンCREST

実質年率:4.5%~18.0% ※利用可能額に応じて適用利率を決定
利用可能枠:最高500万円
返済方式:残高スライド返済コース(利用残高に応じて毎月返済額を決定する方法)・定額返済コース(利用残高に関係なく毎月決まった金額を返す方法)
借入方法:提携金融機関ATM・コンビニATM・eオリコサービス・電話

借入方式については、どちらにしても変わりません。コンビニ・提携金融期間・振込融資など、主要なキャッシング方法はほぼ使えます。

違いが出やすい箇所は、金利条件と限度額。高額融資を希望するなら、限度額の大きいカードローンを選びましょう。ただし、最高500万円とは言え、最初からこの限度額が適用されるわけではありません。

審査結果によっては、キャッシング機能と変わらないレベルしか枠がもらえないこともあります。また、CRESTの適用金利は限度額に応じてスライドします。限度額10万円もしくは30万円の場合は、実質年率15.0%~18.0%。低金利を期待して申し込みすると、がっかりすることもあるでしょう。

新しいカードを発行する手間がない分、キャッシング機能は手続きが楽です。小額の融資を考えているなら、カードローンのCRESTを発行する旨味は少ないと言わざるを得ません。カードローンは、高額融資・頻繁な利用を考えている方が検討するものと考えましょう。


セディナカードのキャッシングVSセディナカードローン

セディナは、国内最大級の信販会社。三井住友フィナンシャルグループ系の信販です。スタンダードなセディナカードのキャッシングとセディナカードローンの条件を比較してみましょう。


セディナカードのキャッシング機能

貸付利息:上限実質年率18.0%
利用可能枠:1万円~200万円(新規申込は上限50万円まで。)
返済方式:翌月1回払い・残高スライド定額リボルビング払い
借入方法:提携金融機関ATM・コンビニATM・OMC Plus・電話


セディナカードローン

貸付利息:上限実質年率18.0%
利用可能枠:1万円~200万円(新規申込は上限50万円まで。)
返済方式:翌月1回払い・残高スライド定額リボルビング払い
借入方法:提携金融機関ATM・コンビニATM・OMC Plus・電話

キャッシング機能追加とカードローンの大きな違いは、サービス開始までの日数です。機能追加の場合、OMC Plusから申し込みをして審査結果がでるまでに、2週間から3週間程度とされています。

カードローンを新規申し込みした場合は、最短即日審査が可能。当日12時までに申し込みをすませれば、当日中にカード発送することもできます。急ぎでキャッシングをしたい方は、カードローンを申し込むのが得策でしょう。

セディナの場合は、カードローンとキャッシング機能で大きくスペックがちがうことはありません。現金が必要になるまでの時間だけを考慮し、決めることをおすすめします。


ライフカードのキャッシングVSおまとめ専用サポートローン

ライフカードのカードローンは、少々特殊。おまとめ専用商品のみの取り扱いです。気軽にお金を借りるための手段として選ぶには、適しません。カードキャッシングとサポートローンを並べて比較してみると、より商品特性の違いが明白になります。

ライフカードのキャッシング機能

貸付利息:実質年率15.0%〜18.0% ※カードの種類によっては優遇条件あり
利用可能枠:1万円~200万円 ※カードの種類によっては制限あり
返済方式:翌月1回払い・残高スライド元利定額方式
借入方法:提携金融機関ATM・コンビニATM・LIFE-Web Desk・電話


おまとめ専用サポートローン

貸付利息:実質年率 12.0% ~ 16.5%
利用可能枠:借換え対象ローン残高の範囲内で個別に設定
返済方式:元利均等返済方式
借入方法:返済のみを目的とした商品でライフカードが各社に振込。追加利用は不可。

おまとめ専用ローンとは、他のキャッシングサービスを提供する金融会社からの借入れを一本化する商品です。

すでに複数社を利用していて、完済を目指す人におすすめします。基本的な考え方は、利用残高相当分をライフカードから借りて一気に返済、対ライフの返済を進めるというもの。

借入れ専用商品なので、追加のキャッシングはできません。これからお金が必要というより、積み重なった借金を整理したい方に適したキャッシングと言えるでしょう。

クレジットカードキャッシングの強みは海外利用

ここまで読んで、クレジットカードでキャッシングするメリットはほとんどないと感じた方も多いでしょう。金利条件にしても限度額にしても、一般的にはカードローン有利です。

クレジットカードキャッシングが活躍する場面として考えられるのは、海外でお金を引き出す場合。国際ブランドがついているカードなら、そのまま海外ATMで使えます。

現地通貨の調達がすぐにできると、両替の手間がかからず非常に便利。現金を引き出して両替をするより、手数料で得するケースも多々あります。

海外旅行が多い方は、とりあえずキャッシング枠をつけておくのがおすすめ。国内利用するときには、別途カードローンの発行もしくは他社消費者金融や銀行カードローンを検討するといいでしょう。

利用するシーンに応じて、適したキャッシング手段は異なります。闇雲にカード枚数を増やすのは考えものですが、本当に必要なものを厳選して発行すれば大丈夫です。

サービスの特徴を理解していると、総返済額に大きな差がつくはず。上手に使い分けをして、賢い消費者を目指してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加