コンビニATMなら24時間365日キャッシングできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニATMなら24時間365日キャッシングできる?
急にお金が必要になったとき、コンビニATMでキャッシングできると助かります。いつでもどこでも可能と言われるサービスですが、本当に24時間365日キャッシングできるのかを調べてみました。


消費者金融のコンビニキャッシングは利用不可時間に注意

コンビニATMなら24時間365日キャッシング可能と言われます。ただ、スポット的にメンテナンスが入ることに注意が必要。主要消費者金融の制限内容と利用可能時間を紹介します。


アコム

主なコンビニATMは、ローソンATM・セブン銀行・イーネットの3種類。アコムでは、3種類全てのコンビニから借入・返済できます。キャッシングできない曜日と時間帯は、コンビニによってまちまちです。

・毎週月曜日1:00~5:00に定期点検を実施。全ATM利用不可。
・セブン銀行は毎日23:50~0:10利用不可。
・イオン銀行は毎日23:45~0:10利用不可。

⇒アコムのキャッシング詳細はこちら


レイク

全てのコンビニATMが、手数料無料で使えます。さらに、借入・返済ともに対応済。24時間365日可能と言う訳ではなく、曜日ごとに制約があります。

・月曜日:5:00~23:50
・火・水:0:10~23:50
・木曜日:1:30~23:50
・金・土・日:0:10~23:50 / 第三日曜日は、20:00まで

ここまで細かく決まっているのは、レイクくらい。うっかりしていると取引不可時間に当たってしまうリスクもあります。スケジュールをメモして持ち歩くと安心です。

⇒レイクのキャッシング詳細はこちら


アイフル

日曜以外は、夜中の2時から3時をのぞき24時間キャッシングです。手数料は、108円から216円。消費者金融の中では、標準的な水準です。ファミポート・Loppiなどマルチメディア端末を使う取引は、借入のみに制限されます。

・平日・土曜:0:00~2:00 / 3:00~24:00
・日曜:7:00~24:00
・祝日:0:00~2:00 / 3:00~24:00

⇒アイフルのキャッシング詳細はこちら


プロミス

借入・返済ともに、アイフル同様の手数料がかかります。メディア端末を利用するなら、無料で取引可能。端末があるコンビニなら、迷わずそちらを利用しましょう。

・毎週月曜日0:00~7:00に定期点検を実施。全ATM利用不可。
・イーネット利用時間は店舗による。毎週0時から7時のことが多い。

⇒プロミスのキャッシング詳細はこちら



24時間365日可能な消費者金融はないことが分かります。「ほぼ」24時間可能と考えるのが妥当でしょう。営業時間はもちろん、手数料の決まりもまちまち。コンビニ利用がメインなら、無料でキャッシングできるレイクを選ぶのが良さそうです。


銀行のカードローンは?消費者金融と比較してどちらが便利?

キャッシングするときの選択肢は、消費者金融だけではありません。銀行のカードローンのコンビニ利用可能時間を一覧にしてまとめてみました。

消費者金融と比較して柔軟性が劣るイメージがありますが、果たしてどうか。どちらがより便利かを考えながら、先を読み進めてみてください。


みずほ銀行カードローン

曜日によって、使える時間帯が細かく決まっています。借入・返済でかなり時間帯が違う点にも注意が必要。詳細は、下記の通りです。

・平日:終日可 ※ただし返済は8:45~18:00
・土曜:0:00~22:00 ※ただし返済は9:00~17:00
・日曜:8:00~24:00  ※ただし返済は9:00~17:00
・祝日は原則曜日に応じた取り扱い。ただし、一部利用できない店舗あり。
・第1・4土曜日の3:00~5:00まで利用不可。

⇒みずほ銀行カードローン詳細はこちら


オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、コンビニ利用手数料無料です。1日3回の利用不可時間をのぞいては、土日祝日も取引できます。日中はほとんどの時間で取引可能と考えて大丈夫。コンビニ利用がメインの方には、使い勝手がいいカードローンと言えそうです。

・0:00~0:15・3:00~4:10・23:50~24:00は利用不可

⇒オリックス銀行カードローン詳細はこちら


三菱東京UFJ銀行のバンクイック

三菱東京UFJ銀行のバンクイックも、コンビニ利用手数料無料。利用可能時間は、ほぼ24時間です。オリックス銀行カードローンと並び、コンビニ愛用者に便利なカード。祝日の取り扱いも、基本的には変わりません。

・0:10~23:50 ※月曜1:00~5:00・第2土曜の21:00~翌朝7:00除く。

⇒三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック詳細はこちら


楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンも、コンビニ利用手数料が無料です。提携銀行だと有料のところが多いので、コンビニで手続きがおすすめ。借入れはもちろん、臨時返済も可能です。営業時間のしばりは、下記の通り。ほぼ24時間利用できる、使い勝手がいいカードローンという印象です。

・原則土日祝日含めて0:05~23:45
・店舗によっては利用時間が異なる場合がある

⇒楽天銀行スーパーローン詳細はこちら



銀行のカードローンも消費者金融も、コンビニキャッシングの利便性は同程度のようです。金利や無利息期間を考慮して、自分の使いやすい会社を選ぶのがいいでしょう。


利用時間だけじゃない!コンビニATMでキャッシングするメリット

コンビニATMキャッシングのメリットは、取引時間帯だけではありません。他に考えられるメリット2つを見てみましょう。

1.キャッシングをしていると気付かれにくい

消費者金融のATMに入っていく所を見られたら、キャッシングが気付かれてしまいます。家族に内緒の借入れだけど自宅から遠いATMまでわざわざ足を運ぶのは面倒という方でも、コンビニ利用なら安心。傍目からはキャッシュカードで引き出ししているのと同じなので、人目が気になりません。

「お金をおろす」と言って、堂々とキャッシングすることも可能。銀行取引と同じATMで処理できるのは、大きなメリットと言えそうです。

2.明細がその場で発行される

コンビニキャッシングの場合、その場で明細が発行される金融会社がほとんどです。自宅に明細が郵送されることに抵抗を感じる方には大きなメリット。口座振替にして、記録が残る心配もありません。家族に内緒のキャッシングなら、証拠を残さないことが何より大切。明細を確認次第捨ててしまえば、疑われる心配がなくなります。

郵送物が原因で家族に気付かれてしまう方、意外と多いと思います。不信感を与えないためには、リスクを未然に防ぐこと。念には念をいれた行動で、自分の身を守りましょう。

コンビニATMのキャッシングは、24時間365日利用可能というわけではありません。それでも、他の手段よりはずっと対応時間帯が広い方法。時間帯意外にも、メリットはたくさんあります。

利用可能ATMは、どの金融会社もほとんど同じ。コンビニ利用前提なら、手数料で比較しましょう。当然ながら無料でキャッシングできる会社が便利。繰り返すと、大きなコストの違いになります。

最後に一つだけ、注意点。コンビニATMのキャッシングは、自分に合ったキャッシング会社選びの一つの観点にすぎません。他の条件もふまえた上で、後悔のない選択をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加