消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いは?
はじめてお金を借りるなら、消費者金融・銀行のどちらがいいのでしょう。一見同じように見えるサービスでも、細かな部分で違いがあります。

違いを分かりやすくするために、消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンをいろいろな観点から比べてみました。お金を借りるための事前準備に、活用頂ければと思います。

銀行と消費者金融 一番大きな違いは適用される法律

銀行と消費者金融の一番大きな違いは、適用される法律です。消費者金融は貸金業法・銀行は銀行法を守って運営します。貸金業法を守る会社は、年収の3分の1までしか貸し付けしかできません。

つまり、全く収入がない専業主婦はキャッシングできないということ。アコムプロミスなどのよく名前を聞く消費者金融に申し込んだところで、とりあってもらえない可能性が高いと言えます。

貸金業法の対象から外れる銀行のカードローンは、専業主婦可能をうたう会社も多数。配偶者に安定した収入があれば、借入れできる可能性があります。

消費者金融よりも敷居が高いと思いがちですが、人によっては銀行有利。主婦がお金に困ったら、銀行のカードローンを検討するのが妥当でしょう。


適用法律のちがいは提出書類にも反映

消費者金融では、50万円を超える限度額・他社を含めて100万円を超える借入れの場合に所得証明の提出を求められるのが通常です。消費者金融会社によっては、さらに厳密に基準を定めているところも。急ぎでお金を用立てしたいのに、書類の準備に手間取るようでは大変です。

所得証明の提出も、根底にあるのは貸金業法。無理な借入れを制限するためのルールとは言え、直近書類が手元にないと書類準備の手間が生じます。銀行のカードローンは、会社独自で提出基準を定めている場合がほとんど。中には、限度額200万円までは提出不要とする商品もあります。

給与明細や確定申告書は、非常にプライベートな資料です。できることなら、人に見せたくないと感じるのは当然のこと。書類提出をネックに感じてキャッシングの申し込みをためらっているようなら、銀行のカードローンを検討するといいでしょう。

一般的に審査スピードは消費者金融有利

銀行のカードローンにも消費者金融のキャッシングにも「即日融資可能」をうたった商品が増えています。すぐにお金がほしい消費者の気持ちを汲み取った記載です。

ところが、いざ申し込みをするとなると細かな制限がでてくるのが通常。本当にその日のうちにお金を手にすることができる会社は少数派です。

即日融資をねらう時に、ネックになりやすいのは、審査にかかる時間。一般的には、消費者金融有利と言われます。

たとえば、当日15時が即日融資のデッドラインだったとします。A社とB社に同時に申し込みをしても、契約可否・限度額が分かるまでの時間はまちまち。返事を受け取った後の本契約・融資の申し込みまで考えると、かなりスピーディーな対応が必要です。

A社は1時間で返事が来たのに、B社はやり取りに手間取って結局翌日扱いに。審査の結果がでないことには、先のステップには進めません。同じ「即日融資可能」の記載でも、対応体制はまちまち。どうしてもその日のうちにお金がほしい事情があるなら、審査が早く、柔軟な対応をしてくれる金融会社を選ぶ必要があります。

消費者金融での契約なら、自動契約機に出向くとスムーズ。その場で全てを処理できるメリットがあります。銀行の振込反映時間を気にする必要がないので、窓口さえ開いていれば夕方以降の申し込みにも対応可能。中には、土日を含めて即日融資できる会社もあります。何はさておきスピード重視という方は、消費者金融から検討するのが良さそうです。


上限金利が低いのは銀行。消費者金融の魅力は無利息期間

はじめて契約する場合には、上限金利近くの利息に決まります。これは、消費者金融でも銀行でも同じこと。より低金利で借入れできる可能性が高いのは、上限金利が低めに設定されている銀行のカードローン。14.5%〜17.8%レベルで決まることが多く、消費者金融よりも有利です。

ただ、見逃せないのは無利息期間。消費者金融では、はじめての契約にかぎり利息0円の特典がつくケースがあります。一回限りの利用であれば、利息なしで借りられる会社を選ぶのが有利なことも。どこに申し込むか迷ったときには、各社提供している試算ツールを使って、総返済額を比べてみましょう。

限度額が高めなのは銀行のカードローン。ただし個人の状況次第

人によっては、一時的にまとまったお金が必要ということもあるでしょう。500万円を超える高額融資を希望する場合、消費者金融では難しいと言わざるを得ません。最高限度額高めの銀行カードローンを選び、打診する必要があるでしょう。探してみると、以下の銀行カードローンが限度額高めです。

三井住友銀行カードローン:最高限度額800万円
みずほ銀行カードローン:最高限度額1000万円
オリックス銀行カードローン:最高限度額800万円
住信SBIネット銀行MRカードローン:最高限度額1000万円

注意してほしいのは、最高限度額が高いからといって誰でもこの金額が許可されるわけではないこと。一定の審査のもとで、貸してもいい上限が決まります。1000万円を希望したところで、10万円しか枠がもらえないケースも。限度額だけを気にして商品を選ぶと、他の条件で不利になるかもしれません。

限度額は、個人の信用状況に応じて変動するもの。はじめての契約から、大きな枠がもらえることはごくまれです。最高値だけに目を奪われず、他の条件に目を向けた上で商品を選ぶこと。希望を出すのは自由ですが、不相応な額を記入したことが審査にマイナスになることもあります。

どうしてもという場合は、必要な理由と返済計画をきちんと説明できる状態にすること。収入に見合った現実的な試算をして、イエスを引き出す戦略を考えてください。

銀行と消費者金融 結局どちらがいいのか分からなくなってしまった方へ

ここまで読んで、どちらも一長一短であることがご理解頂けたかと思います。消費者金融のキャッシング・銀行のカードローンのどちらがより優れた商品と、言い切ることはできません。

消費者金融に嫌なイメージがあったのは過去の話し。法の整備が進んだ今、よく名前を聞く金融会社なら、クリーンな経営をしている可能性が高いと言えます。

取り立て方法やプライバシー保護に関しても、細かくルールが決まっています。執拗なまでの取り立て・嫌がらせを受けることはありません。悪いイメージだけが先行して、銀行だけに選択肢をしぼってしまうのは考えもの。冷静に条件面を比較、自分に合った商品を探すことが重要です。

借入れ先に迷ったら、これだけは譲れないという条件を決めること。銀行・消費者金融の中から、その条件を満たす会社を考えます。目的に応じた使い分けで、納得できるキャッシングを。違いを正しくふまえた上で、ゆっくり申し込み先を考えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加