千葉銀行カードローンクイックパワー<アドバンス>申込

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉銀行では、大手に負けない水準のカードローンを扱っています。スタンダードなカードローンは、クイックパワー<アドバンス>。最高限度額500万円・金利水準は実質年率4.3%〜14.8%。対象地域にお住まいなら、ぜひ検討したいサービスの一つと言えるでしょう。

ここでは、ちばぎんカードローンクイックパワー<アドバンス>の申込み資格とメリット・デメリットを紹介します。利用を考えている方は、一度目を通してみてください。

千葉銀行クイックパワー<アドバンス>の申込み資格

キャッシングを利用するには、いくつかの条件があります。申込み前に、下記3つの項目をクリアしていることを確認しましょう。

1.満20歳以上満65歳未満であること
2.安定した収入があること。専業主婦は、配偶者に安定した収入があること。
3.千葉・東京・茨城・埼玉・横浜市・川崎市在住。実店舗での取引を希望する場合は、千葉銀行営業エリア在住もしくは勤務中。

安定した収入さえあれば、パート・アルバイトの方でも審査通過できる可能性があります。銀行のカードローンは、総量規制の対象外。全く仕事をしていない主婦でも、夫に収入さえあれば、キャッシングできる見込みがあります。

気をつけたいのは、年金収入のみで生計を立てている方は申し込みができないこと。高齢年金以外にも、遺族年金・傷害年金を受け取って生活をしている方の借入れは難しいと考えるのが妥当でしょう。

地銀だけに、関東圏の一部に対象をしぼっているのが大きな特徴。居住地・勤務地が対象地域内であることが絶対条件になってきます。インターネット支店を利用するにしても、他の地域の方の利用はできません。

千葉銀行クイックパワー<アドバンス>のメリット3つ

地銀以外に目を向けると、大手消費者金融やメガバンク商品も選択肢になります。他社比較した場合、千葉銀行のクイックパワーに申し込みするメリットをまとめてみました。

1.本人確認書類だけで手続きできる

限度額に関係なく、所得証明書がいりません。運転免許証・パスポートなど、現住所の記載がある本人確認書類があれば手続きできます。

大手銀行や消費者金融の場合、一定の金額を超える希望を出すと所得証明提示をお願いされるのが一般的です。源泉徴収票を用意したり、確定申告書類の写しを発行したり。面倒な手続きが、必要になります。提出書類が少なくてすむと、手続きのストレスが随分減るはず。あえて千葉銀行を選択するにたる、大きなメリットと言えるでしょう。

2.カード発行前の入金サービス

通常の申し込みフローに従うと、カード発行を受けてからキャッシング利用開始。急ぎでお金が必要なときには、郵送物を待つ時間が長く感じます。

そんな気持ちをくみとって提供しているのが、カードローン入金サービス。審査結果の連絡を受けたときに希望すると、限度額の範囲内で先に振込してもらえます。審査結果の通知が正午までなら、その日のうちにお金を受け取ることも可能。柔軟な融資体制は、千葉銀行の大きな強みです。


3.キャッシングのおまとめにも利用可能

すでに複数社を利用していると、管理が煩雑になってしまいます。クイックパワー<アドバンス>は、おまとめ用にも利用可能。すでにあるキャッシングを一本化したい意向を伝えて、条件面を整理します。

おおっぴらには公表していなくても、借換え利用となると、審査が厳しくなる金融機関が見られます。その点、おまとめ・借換え可能を明記している千葉銀行なら安心。本気で完済を目指す方にとっては、有効な選択肢の一つです。

千葉銀行普通預金口座がないとWEB完結は難しい

メリットをあげてきましたが、もちろんウィークポイントもあります。デメリットとして気になるのは、千葉銀行普通預金口座がないとWEB完結申込みが使えないこと。キャッシュカードを持っていない場合には、書類をFAXもしくは郵送する手間がかかります。大手消費者金融のように、書類提出用のアプリやメール添付での送信はできません。

店頭に出向く必要はないにしても、全てをスマホ・PCからすませたい方にとってはやや不便です。小さなことではありますが、頭の片隅においておくといいでしょう。

一定の条件を満たせばより低金利のプレミムクラスカードローンも

一定のスペックを満たす優良顧客を対象に、条件が優遇された商品がプレミムクラス。限度額300万で5.5%・400万なら5.0%・500万なら4.0%と、かなりの低金利で借入れできます。

以下8つの条件を全て満たしていることが、適用条件。自分が該当するかどうかを確かめてみましょう。

1.個人事業主・同族会社オーナーでないこと。ただし、士業なら個人事業主も可能。
2.年齢が満20歳以上満60歳未満
3.同じ勤め先に3年以上働いている
4.安定継続した年収が500万円以上
5.千葉銀行を給与振込口座にしている。もしくは今後利用する方
6.居住地域または勤め先が千葉銀行本支店の営業地域内
7.本人もしくは家族名義の持ち家に住んでいる
8.他にちばぎんカードローン・ジャックス保証付カードローン<プレミアクラス>・カードローン<マイワレット>を持っていない

厳しめの条件ではありますが、クリアできるようなら利用しない手はありません。限度額によっては、資金用途が決まった各種ローン商品より有利です。

自分が該当するのではと感じたら、まずおつきあいのある支店に聞いてみること。少しでも有利にお金を調達して、理想のライフスタイルを実現するきっかけとしてください。

千葉銀行の公式サイトには、簡易借入診断ツールが用意されています。年齢・年収・希望限度額・他社借入総額の4項目を入力するだけで、すぐに結果が分かる優れもの。「お借入れ可能と思われます」と表示されれば、安心です。可否判断ができない場合は、「判断できませんでした」との表記になります。

診断ツールを使うだけなら、履歴が残ることはありません。申し込みに迷ったら、まず自己診断をしてみるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加