楽天銀行スーパーローンVS楽天カードキャッシング枠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク運営のカードローンと言えば、真っ先に思い浮かぶのが楽天銀行。オークションやショッピングで馴染み深い、身近なIT会社という印象です。
ここでは、楽天銀行スーパーローンのスペックと申し込み方法を見ていきます。

あわせて、楽天カードのキャッシングとどちらが有利か考えてみましょう。自分に合ったキャッシングを探している方は、参考にして頂ければと思います。

楽天銀行カードローンのキャッシングスペック

楽天銀行カードローンは、スーパーローンという名前で知られています。利息水準は、実質年率1.9%~14.5%。主要な銀行カードローンの中で比較すると、下限金利は低め・上限は平均的な数字です。それでも、消費者金融の設定利息と比較すれば随分有利な水準。大手消費者金融のキャッシングが、いかに高金利か読み取れます。

限度額は、最高800万円。個人事業主・法人代表者をのぞいては、300万円以下の限度額なら収入証明提示の必要がありません。

専業主婦だと、利息14.5%・限度額最高50万円の一律条件。お勤めしている方と比較してスペックが劣る気もしますが、お金を貸してくれるだけ良心的です。他、パート・アルバイト・学生の方も利用可能。広く間口が開かれた、比較的柔軟なシステムの金融機関と言えそうです。

楽天銀行カードローンと楽天カードのキャッシングで迷ったら

申し込み前に気になるのが、楽天銀行カードローンを申し込むのと楽天カードのキャッシングを使うのではどちらが有利かということ。2つの条件を並べて比較してみました。

楽天銀行カードローン

利率:1.9%~14.5%の段階金利
資金用途:事業資金を除き自由
限度額:最高800万円
借入:提携CD・ATMか口座振込。1万円以上1000円単位で利用
返済:自動振替・提携CD・ATMから振込・ネット決済。残高に応じた規定の金額を毎月支払い。10万以内なら3000円・10万〜30万で5000円・30万〜50万で10000円。最高50000円の返済。


楽天カードのキャッシング

利率:18.0%
資金用途:自由
限度額:最高90万円
借入:提携CD・ATMか口座振込。1万円単位で利用
返済:自動振替。リボ払いもしくは一括払いを選択

並べて見ると、一目瞭然。単純に借入れだけを希望するなら、カードローンが有利であることが分かります。クレジットカードが欲しいという理由の他、楽天カードを選ぶメリットは見当たりません。どちらに申し込むか迷ったら、まずカードローンを検討すること。目的に応じた使い分けで、損しないキャッシングをしてください。

楽天銀行カードローンの申し込みから契約まで

楽天スーパーローンの申し込みは、ネット経由で行います。公式サイトにアクセスして「お申込」ボタンをクリックします。いきなり申し込みフォームに行くわけではなく、キャンペーン情報が入ったページが表示されます。ここで不安を感じて、ページを閉じるのは間違い。属性に合った申し込みフォームに振り分けるための準備です。

下に少しスクロールすると「楽天会員の方」「銀行口座をお持ちの方」「楽天ID・楽天銀行口座をお持ちでない方」と3つの入り口がでてくるはず。該当するものを選び、手続きを先に進めましょう。

フォームの指示に従って必要事項を入力すると、受付メールが届きます。すぐに審査が開始され、当日から翌営業日には審査結果が届くはず。電話による確認を受け、内容に問題がないようなら必要書類を提出しましょう。書類提出は、郵送もしくは専用のアプリから。手続きが完了すると、晴れてカードが発行されます。

楽天銀行カードローンでは即日キャッシングが難しい

最短即日をうたう商品ではありますが、全てを処理するためには、数日かかるのが一般的。何よりもスピード重視という方は、他社を検討するのが妥当でしょう。もう一点ネックになるのは、ネット経由の申し込みしかできないこと。電話や自動契約機に出向いての手続きができないのは、オフラインで申し込みをしたい方にとって不便です。

事前に問い合わせをすることはできますが、相談しながら手続きというのは難しいかも。何をするにしても自分ではなかなか決断できないという方には、おすすめできないキャッシングと言えるでしょう。

楽天スーパーポイントがもらえるチャンスは見逃せない

楽天銀行カードローン独自の特典として、楽天スーパーポイントは見逃せません。2015年10月現在の新規申し込みは、入会だけで1000ポイントプレゼント。借入残高に応じて、さらに追加ポイントが受け取れます。

楽天スーパーポイントは、グループ内サービスでお買い物をするとき・美容室やネイルの予約をするときに使えます。数えきれないほどのサービスがあるので、使い道に困ることはないはず。1ポイント1円換算だと、入会だけで1000円得する計算です。

ポイント還元まで考慮すると、かなり有利なキャッシング先かも。楽天グループサービスを頻繁に利用している方なら、ぜひ選択肢に加えてください。

楽天銀行カードローンの審査通過率を高めるポイント

最後に、審査対策として気をつけたい3つのポイントを紹介します。早速申し込みをと思っている方も、この内容を確認してからにしてください。

1.情報は正しく入力する

どんなに急いでいるときでも、虚偽記載は絶対にダメ。フォームの内容をよく読んで、正しい情報を入力しましょう。

氏名・生年月日など基本的な情報はもちろんのこと、勤務先情報の間違いに注意。とくに、電話番号は在籍確認に使うので、きちんとつながるものを入力します。派遣社員なら、派遣元の会社名を使うこと。今現在入っている会社の情報では通りません。悪意がなくても、古い情報は信用を大きく損なうもの。最新の内容に目を通してから、申し込みへと進みましょう。


2.運転免許に現住所が書かれていること

本人確認として最も使いやすいのが運転免許。ほとんどの方が持っている、公的証明の一つです。落とし穴があるとすれば、住所欄。更新してから引っ越しをしていると、古い記載が残っているケースがあります。

現住所とちがう場合は、住所変更してから申し込むのがおすすめ。他の書類を準備するより、手軽です。日常生活で困ることがないので、つい放置してしまいがち。カードローンの申し込みを機に、手続きをすませてしまうと安心です。


3.年収を水増ししない

審査を有利に進めようと、年収を水増し申告する方もいます。小規模な街金融ではバレなくても、大手には通用しません。楽天銀行くらいの規模になると、どのレベルの会社に何年勤めていれば収入はこのくらいと、容易に予想ができてしまいます。過去のデータの蓄積があるからこそできる芸当です。

同スペックの人と比較したとき、数百万円単位で収入が高ければ疑われて当然。他の要素のチェックまで厳しくなると、審査が長引く原因になります。確実に審査通過したいなら、正直な内容を申告すること。お金を借りる立場をわきまえた誠実な態度をとることが重要です。

職業は公共機関が有利とか、持ち家が望ましいとか。細かな審査対策をあげていけば、際限がありません。矛盾することを言うようですが、自分のスペックを整えようと意識しはじめると身動きがとれなくなりがち。本当に急ぎでお金が必要なら、すぐできる最低限の内容だけを徹底し、申し込みするといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加