セブン銀行カードローンで即日融資を受ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシングをしたいけど、自宅への郵送物・在籍確認は困るという方もいるでしょう。お金を借りるためには、様々な障壁があるのが通常です。

セブン銀行カードローンは、そんな煩わしいステップをなるべく少なくしたキャッシング。小額で構わないからとにかく急ぎでなんとかしたいという方には、自信を持っておすすめします。

ここでは、セブン銀行カードローンのメリットと即日融資を受ける方法を紹介します。お金がどうしても必要なら迷っている時間がもったいない。必要情報をチェックして、早速行動をおこしましょう。

セブン銀行カードローンのメリット3つ

他社と比較した際のメリットは、ざっとあげるだけでも3つです。

セブン銀行カードローンメリット1.専業主婦・無職の方でも利用可能

本当なら一番お金が必要なはずの、専業主婦や退職したてで収入がない方。法律の規制があるため、消費者金融や信販会社では借りられません。

セブン銀行は銀行なので、この規制の対象外。法の規制にとらわれず、契約できる可能性が高いと言えます。セブン銀行の公式サイトでは、専業主婦可能をきちんと明記。収入証明無しで借入れできると、書いてあります。

法の制限を知らずにアコムやプロミスに申し込みをして審査落ちした方でも、セブン銀行なら希望が持てます。私はダメと決めつけないで、申し込みだけでもしてみてはいかがでしょうか。


セブン銀行カードローンメリット2.セブン銀行のATM利用がいつでも0円

コンビニでキャッシングするには、108円もしくは216円の手数料がかかるのが一般的。今すぐお金を手にしたいとき、手数料が気になって取引できないようでは残念です。
セブン銀行カードローンの大きな強みは、セブンイレブンのATM利用が24時間365日0円なこと。借入れ単位1000円と細かな入り用にも対応できます。必要なときに必要な額だけ借りればいいので、使い過ぎる心配がありません。こまめにキャッシングしたい方にとっては、非常に魅力的なシステムと言えるでしょう。

セブン銀行カードローンメリット3.セブン銀行に口座があれば本人確認書類不要

セブン銀行にすでに口座がある方は、収入証明はおろか本人確認書類も不要。現住所を確認して免許証を準備したり源泉徴収票の発行依頼をしたりする手間がありません。書類関係の準備は、キャッシングの申し込みで手間取る部分。急ぎのときにいろいろと気をもむ心配がなく、心理的な障壁が下がります。いち早くお金を手にしたい利用者の気持ちをくみとった、非常に良心的なサービスシステム。口座保有者であれば、まず検討したい借入れ先と言えそうです。

セブン銀行のデメリットは限度額が低めなこと

メリットばかりをあげましたが、セブン銀行のデメリットももちろんあります。弱点をあげるとすれば、限度額が低めなこと。10万円・30万円・50万円と3つのコースしかありません。つまり、最高でも50万円の枠しかもらえないということ。大きなお金を借りたい方は、他社を検討するのが賢明です。

セブン銀行カードローンは良くも悪くも、スピード重視。小額で構わないので今すぐお金が必要という方をメインターゲットにした商品です。キャッシングのヘビーユーザーには向かない商品。自分の借入れ目的にマッチするかを見極めた上、申し込みに進みましょう。

セブン銀行に口座がある方が即日融資を受けるには

口座保有者が即日融資を受けるには、以下手順で手続きします。

1.ダイレクトバンキングサービスにログイン・カードローンを申し込みます。
2.希望限度額を選択します。
3.平日0時から9時に手続きした場合は10時頃・平日9時から20時30分もしくは土日祝の9時~15時30分に手続きしたなら1時間後を目安に再度ログイン、審査結果を確認しましょう。
4.契約手続きを行い次第カードローンが使えます。

ポイントになるのは、申し込み時間の部分。平日20時30分・土日祝の15時30分を過ぎると翌日扱いとなってしまいます。

即日融資を希望するなら、この時間帯を避けて申し込むこと。9時以降に手続きが開始されるだけなので、朝早い分に構いません。できることなら、朝一番で申し込みをして、お昼あたりに確認するのがいいでしょう。なるべく早めの行動で、確実な審査通過を目指しましょう。

セブン銀行に口座がない場合は即日融資が難しい

セブン銀行に口座がない方は、口座開設手続きをしてから、ローン契約が必要です。口座を作るのにかかる時間はまちまち。手元にカードが届くまでに、1週間以上かかるケースもあります。

今現在セブン銀行に口座を持っていないなら、即日融資は難しいと考えるのが正解。どうしてもその日のうちにお金が必要なら、他社を検討することをおすすめします。即日融資が必要な状況に備えて、あらかじめ口座開設をしておくのもリスクヘッジとして有効。いざお金が必要なシーンが来たら、キャッシングの申し込みを行います。


セブン銀行カードローンの利用開始後に増枠したいと感じたら

最初にキャッシングを申し込むときには10万円の枠で十分と思っていても、使い始めた後に増枠したいと感じることもあるでしょう。限度額変更申請は、使いはじめて2ヶ月たった後なら可能。新規契約同様にダイレクトバンキングサービスから申し込みます。審査が入り、問題なければ増枠が許可されるはず。一般的には、返済実績を積んできた方ほど有利です。

増額申請を通しやすくするポイントとしては、ステージを一気にあげないこと。10万円から50万円に変えるより、30万円に変更して一定期間を過ごした後に50万円を申請する方がスムーズです。

最初の増額申請は、一つ上のステージへと考えるといいでしょう。最終的にほしい枠が決まっていても、一気に要望を通そうとするのはハイリスク。審査が長引く原因になりかねません。自分の要望を聞いてもらうのは、信頼関係ができてから。焦らずゆっくりキャッシングヒストリーを重ねていくのが、良い関係でいられる秘訣と考えましょう。

セブンイレブンが最寄りのコンビニなら、キャッシング以外のシーンでも便利なことがたくさんあります。たとえば、土日祝日の現金引き出し。朝7時から夜19時までなら、手数料が無料です。振込や引き落としには手数料がかかりますが、nanacoポイントのキャッシュバックが。メイン口座としてコツコツ使っていると、かなりのポイントが貯まります。

キャッシングをしない方でも、持っていて損はないはず。転ばぬ先のつえとして、口座開設だけでも進めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加