ペルソナSTACIAカードのキャッシング活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪急百貨店のお客様におなじみのペルソナカードが、ペルソナSTACIAカードとして生まれ変わりました。カードインターフェイスを赤に一新、より親しみやすいイメージになっています。

ここでは、ペルソナSTACIAカードのキャッシング申し込み方法・借入れ・返済方法を見ていきます。また、既存カードホルダーのためにカードの切り替え手続きを紹介しましょう。

すでに使っている人もこれから使う人にも役立つペルソナカードの活用術、ぜひ目を通してみてください。

ペルソナSTACIAカードのキャッシングスペック

ペルソナSTACIAカードでキャッシング枠を使うには、事前に利用枠を作る必要があります。利用枠とは「ここまでなら借入れできる」という上限になるもの。収入や職業・返済能力など、総合的な審査のもとに決まります。

ペルソナSTACIAカードの場合は、一番高い枠が許可されたとしても50万円。まとまった金額を借りるというより、日々のちょっとした用立てに使うカードと言えそうです。

また、担保・保証人無しでお金を借りるのですから、当然利息はかかります。規定の水準は、実質年率18%。カード条件のただし書きとして、利息制限法により15%になる方もいると書かれています。

どういうことか調べてみたところ、元本100万円以上の消費貸借の上限金利が15%になっているよう。限度額を守ってキャッシングをしているかぎり、この水準にはなりません。ほとんどの方は、18%で借りることになると考えるのが自然です。

実質年率18%と聞いても、どの程度の利息がかかるのか分からないはず。他社が提供しているシミュレーションツールを使って試算したところ、以下のような結果になりました。

支払い総額 52,343円
総支払い利息 2,343円

5万円借りるのに、2,000円以上の利息がかかることが分かります。毎月の支払い金額は、定額で1万円。ここから利息を差し引いた金額が、元金の返済へとまわされます。

5万円返しきるには、半年もの返済が必要。一度利用しただけでこれだけ時間がかかるので、繰り返し使えばなお大変です。借りるのは一瞬でも、返していくには相当な日数がかかるもの。後の返済を覚悟した上で、キャッシング利用をしてください。

ペルソナSTACIAカード申し込みは資料請求から。即日融資は期待できない

キャッシングサービスの申し込みには、資料請求が必要です。方法は、ネット経由か電話と2種類。申込書を入手してから記入して申し込み・審査・契約となるので、即日融資はできません。

審査にかかる日数を教えてほしいと問い合わせてみましたが、個人の状況次第ということで明確な回答は得られませんでした。柔軟な対応を期待して申し込みをすると、期待外れかもしれません。

カードホルダーでキャッシングを使う予定があるなら、発行と同時に手続きがおすすめ。必要なシーンになってから申し込みを行っても、すぐにサービス開始とはなりません。カードの発行スピード自体が早さを売りにしている商品ではないので、当然と言えば当然かも。今すぐお金を用立てるキャッシング目的で申し込みをするなら、他のカードを検討するのが妥当でしょう。

ペルソナSTACIAカード発行後の借入れ・返済詳細手順

契約が完了したら、いつでもキャッシングをスタートできます。借入れ方法は、主要コンビニ・提携銀行のATM経由にて。利用の度に、1万円以下 108円・1万円超216円の手数料がかかります。

ネットキャッシングができないようで、自宅からキャッシングしたい方にとっては使い勝手が悪いはず。会社として、積極的にキャッシングは推奨しない姿勢が読み取れます。

返済は、元利定額のリボ払いもしくは一回払い。元金と利息を合わせた金額を所定の期日に支払います。リボ払いを選択した場合、基本の返済金額は残高20万円以下で1万円。20万円を超えてしまうと、2万円の支払いが必要です。

一度月々の返済額があがってしまうと、締め切り日の残高が下がっても元には戻らないとのこと。使いすぎた翌月以降は、2万円の支払いを続けることになります。1万円以上の返済は難しいというのなら、前もって使用金額を調整すべき。限度額に関係なく、20万円以内で使うようにコントロールしていきます。

何度も繰り返し使っていると、残りいくら枠があるのか分からなくなってしまいがち。随時Webサービスにログインして、現状を把握するといいでしょう。

カード会社は、限度額の設定という部分でしか利用を制御してくれません。家計を大きく苦しめたくないなら、自分で利用をセーブしていくこと。利用残高15万円を超えたらキャッシングは使わないなど、明確なルールを作って運用していく必要があります。

クレジットカードの本来の使い道は、ショッピング代金の立替払い。キャッシングは、あくまで付随サービスと考えるのが正解です。


ペルソナカードからペルソナSTACIAカードに乗り換える

旧ペルソナカードを持っていたからと言って、無条件でペルソナSTACIAカードが使えるわけではありません。新規入会同様に、審査・手続きが必要な点に注意が必要。

リボ・分割払いの残高がある場合は、旧カードから請求されます。保険料金などの自動引き落としを設定しているなら、各機関にカード変更手続きも必要。カード会社が代行してくれるわけではないので、自分でもろもろの処理をすませる必要があります。

カードの切り替えはどんな人におすすめか

一連の手間を考慮しても切り替えをおすすめするのは、ペルソナカードをメインカードにしている方。ペルソナSTACIAカードは段階ポイント制度をとっています。

使用金額が大きい方ほど、ポイント還元面で得します。これまでは優待対象外だった、食品類もポイント付与の対象に。日常的なお買い物に使っているなら、切り替えを検討するといいでしょう。

逆に箱ものギフトやアルコールは、5%優待から1%のポイント付与にグレートダウン。贈答品のシーンにしかカードを使わないという方は、損してしまうかもしれません。

各種条件を比較した上で乗り換えをしたいと感じたら、平日9:30~18:00の時間帯にサービスデスクへ連絡を。専用申込書類の郵送を受け、必要事項を記入したうえ返送します。店舗が近いなら、サービスカウンターで書類を受け取ることも可能です。

いずれの方法を使うにしても、連絡してすぐに処理が終わるわけではありません。切り替えをしたいと感じたら、利用までの時間を逆算し、計画的に手続きをすませることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加