JAカードのキャッシング枠を使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域密着の金融機関の代表格と言えば、JAです。少し都会から離れた地域にお住まいだと、担当者が度々自宅に来てくれて顔なじみなんてこともあるでしょう。

そんなJAのクレジットカードに、キャッシング機能をつけることができるとご存知でしょうか。利息・借り方・返済方法をはじめとする、基本スペックを見てみましょう。

JAカードでキャッシングするときにかかる利息

JAカードでキャッシングする時に掛かる利息は、実質年率15%もしくは18%。カードの種類や限度額によって、適用金利が変わります。

この水準は、クレジットカードのキャッシングでは平均的な数字です。高金利とも低金利とも言いがたい水準と考えて問題ありません。支払いが遅れた場合にかかる遅延利息は、一律で実質年率20%。これもいたって平均的で、特徴のない数字です。

あえて強みをあげるなら、限度額100万円以上も可能なこと。利用実績が認められれば、高額融資も期待できます。ただ、本当にキャッシングでそこまでの枠が必要かは悩ましいところです。JAバンクで借りるにしても、カードローン・フリーローンという選択肢もあります。

どの商品を使って借入れするのが得か?迷ったら、JAの担当者に相談するのが適切です。100万円以上の限度額を許可するような優良顧客であれば、喜んで相談に乗ってもらえることでしょう。

古くから付き合いがあるJAの支店があれば、そこで相談するのが賢明な判断。口先だけの営業マンより、ずっと信頼がおけるはずです。

念には念を入れてというようなら、同じ金額を借入れしたときの商品別シミュレーションを作ってもらうと安心。月々の返済額と総返済額を一覧にして、どれが自分に合いそうか判断します。

お金を借りるときには、返済まで考慮した利用が大切。無計画に利用すると、家計を大きく傷めます。目先の数字と使い勝手に惑わされず、ゆっくりと考えた上で決断するといいでしょう。

ネット・テレフォン・ATMから借入れする

JAカードでキャッシングする方法は、ネットキャッシング・テレフォンキャッシング・ATMの3種類です。それぞれのキャッシングの手順とメリット・デメリットについて見てみましょう。

JAカード「ネットキャッシング」

NICOSのホームページから「 NetBranch 」にアクセスします。JAカードは、三菱UFJニコスとJAグループが提携して発行しているカード。オンラインキャッシングの入り口は、ニコスのトップページです。

右端にあるログイン窓にID・パスワードを入力すると、マイページに入れます。「ネットキャッシング」をクリックして、希望金額を入れましょう。

ネットキャッシングを使うメリットは、パソコン・スマホ・携帯電話で手軽に手続きできること。自分の都合がいい時間帯に、いつでもキャッシングが可能です。

人と会話する必要がないので、借入れに気後れする方でも安心して使えます。デメリットは、現金が欲しいなら口座に振り込まれたお金を引き出す手間がかかること。振込依頼をしてATMから引き出してと考えると、二度手間です。

JAカード「 ATM経由のキャッシング」

最小限の労力で現金を手にする方法としては、ATMキャッシングが便利です。提携銀行もしくはコンビニのATMまで出向いて引き出しをします。

利用ATMごとに営業時間が異なる点には注意が必要。一定時期には、マシンメンテナンスも入ります。希望時間に手続きできるか心配なら、事前にスケジュールを確認すること。確実にキャッシングできる時間帯を選び、現地に行きましょう。

ATMを使う場合にネックになるのは手数料。一回取引するごとに、108円・216円のコストになります。回数がかさむと、軽視できない出費になるはず。こまめに利用したいという方は、ネットキャッシングとの併用が便利です。


JAカード「テレフォンキャッシング」

電子的な方法に抵抗を感じるようなら、テレフォンキャッシングが選択できます。JAカードのコールセンターに電話をすると、取引選択のアナウンスが流れます。

キャッシングの申し込みを選択して、希望金額を伝えましょう。申し込みは24時間可能ですが、平日13:00を過ぎると翌日扱い。休日の申し込みの場合も、同様です。

注意点としては、引き落とし口座の登録がないと使えないこと。はじめて利用する場合には、登録をすませた後に振込依頼をしてください。

旧JAカードをお使いなら早めに新カードへ切り替えを

平成18年以前にJAカードを作って取引をしていない方は、旧カードのままになっている可能性が高いはず。新カードへの切り替えは、自分から申し込みが必要です。キャッシングをする前に、取引店舗に出向き、新しいものへ切り替えをすませましょう。

なお、カードの切り替えをした場合には、公共料金の支払い関係の届け出が必要です。サービスの細かな変更点もあるので、必要手続きを全て教えてもらうと楽。

一度に全てすませておくと、混乱する心配がなくなります。後でやろうと思っていると、どのカードを使っているか分からなくなってくるもの。支払関係が滞れば、日常生活に影響が出ます。

キャッシングをしようと思ったときが、切り替えをするいい機会です。セキュリティが強化された新しいカードシステムを使って、安心のキャッシングをしてください。

JAカードのキャッシングはこんな人におすすめ

ここまで読んで、JAカードでキャッシングするメリットはあるのかと疑問を持つ方も多いでしょう。金利・限度額ともに、より有利な選択肢があるように感じます。

私自身も、単純にキャッシングのスペックだけを見れば、大手消費者金融や銀行のカードローン発行が便利かと考えます。本格的に借り入れを考えている方に、JAカードのキャッシングをおすすめする理由は見当たりません。

あえておすすめしたい方をあげるなら、JAで取引すると安心感が強いという方。お金を借りるときには、互いの信頼関係が重要です。消費者金融を警戒しているのに無理して申し込みをしたところで、利用する度に大きなストレスを強いられます。

生活を楽にするための手段とは言え、耐えきれないほどのストレスでは続きません。キャッシング先を無駄に増やさないためにも、自分が納得できる借入れ先を選ぶこと。その先がJAという方ならば、JAカードを使ってのキャッシングが得策です。

計画的に利用するかぎり、借入れはこわいことではありません。お金がどうしても必要になったときには、一時的なキャッシングを検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加