無利息期間があるエポスカードのキャッシングの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エポスカードのキャッシングで、無利息期間がはじまりました。まだ利用していないという方は、良い機会。このチャンスを利用して、お得なキャッシングに挑戦しましょう。

ここでは、エポスカードのキャッシングの特徴とメリット・デメリットを紹介します。カードを持っているのに、消費者金融に申し込みをするのは時間の無駄かも。上手に活用して、お金が必要な場面を乗り切りましょう。


エポスカードのキャッシング基本スペック

エポスカードは、年会費無料で持てるクレジットカード。マルイやロイヤルホストで割引を受けられるため、持っている人が多いカードです。

キャッシングは、利用状況に応じて通常コースとプランニングコースの2種類あるのが特徴。通常コースは限度額50万円まで・プランニングコースでは99万円まで使えます。いずれも金利は、18%。大手消費者金融とほぼ同じ水準です。

金利が一律になっているシステムは、はじめて借入れする方にとっては分かりやすいはず。利用残高が増えてしまっても、支払日に遅れないかぎりは金利があがることがありません。

エポスカードでキャッシングするメリット・デメリット

大手消費者金融と比較したとき、エポスカードを使うメリット・デメリットは何でしょう。公式サイトに一通り目を通して、強みと弱みをまとめてみました。まずは、メリット3つから見てみましょう。

メリット1.家族に郵送物が見つかっても安心

家族に内緒のキャッシングだと、自宅への郵送物が心配です。消費者金融を利用すると、利用明細が届くのが通常。アコムならACサービスセンター、モビットならMCセンターなど、一定の配慮はしてくれます。

それでも、見覚えがない名前からの郵送物だと、家族に不信感を持たれるはず。変に勘ぐられて中を見られてしまった場合は、すぐに気付かれてしまいます。

その点、エポスカードなら家族バレリスクが低いはず。家族とのドライブの機会にでも、エポスのETCカードを見せておくとなお安心です。家族と同居の人にとって、郵送物は頭が痛い悩みのはず。キャッシング利用が原因で家庭の波乱とならないように、対策を万全に整えましょう。

メリット2.エポスカードは海外キャッシングに利用可能

国内消費者金融のカードでは、海外でキャッシングの利用ができません。正確に言うと、現金を手にする術に出来ないわけではないものの、ネット経由で自分の口座に振込して他のカードで引き出して両替をしてと、かなり面倒な手順が必要です。

エポスカードをはじめとするクレジットカードキャッシングの強みは、海外でそのまま使えること。両替するより有利な手数料で、現地通貨の引き出しができます。アジア圏なら週末2〜3日でも行ける時代、海外利用可能なカードを持たない手はありません。

国内外含めてお金をすぐに調達できることが、エポスカードでキャッシングする強みと言えるでしょう。


メリット3.エポスカードはマルイ店舗で発行可能

エポスカードの発行は、マルイのカードセンターで可能です。大手消費者金融の店舗に出向くより、ずっと心理的な障壁が低いはず。ついでにウィンドーショッピングを楽しみつつ、気軽な気持ちで発行できます。

すぐに使うならまだしも、予備カードとして持っておくものの発行に、時間と手間はかけたくないのが本音です。キャッシングはしたいけど契約時のストレスをなるべく減らしたいという方は、エポスカードを検討するといいでしょう。

一方のデメリットとしては、以下3つが考えられます。


デメリット1.おまとめローンには使えない

エポスカードのキャッシング枠は、最高でも99万円。他社の借入れを一本化するために使うには、スペック不足と言わざるを得ません。金利水準18%も、おまとめ商品として考えるには高金利。エポスカードにまとめたところで、金利削減のメリットは少ないでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠は、基本的には小額借入れを希望する方のためのもの。高額融資を希望するなら、キャッシング専用カードの発行を検討するのが得策です。


デメリット2.金利がかさむリボ払いの落とし穴

エポスカードでキャッシングする方の多くが、リボ払いを利用することでしょう。リボ払いとは、残高に応じた定額を毎月返済していく方式。家計に大きな負担をかけることなく、計画的に返済できます。

メリットが大きい返済方法のように感じますが、支払ったお金はまず利息にまわされるのが落とし穴。なかなか元金が減らないので、支払い期間が長引きます。返し終わった後で計算すると、こんなに利息を払っていたと驚くこともしばしば。エポスカードでキャッシングするときには、リボ払いのデメリットを頭の片隅におきましょう。


デメリット3.気軽に利用できるがゆえに債務超過になるケースも

消費者金融のカードを使う場合と比較して、クレジットカードキャッシングは気軽に利用してしまいがち。ATMから引き出すので、自分のお金のような錯覚に陥ります。うっかりすると、債務超過になるリスクが。借入れがふくれあがった後で気付いても、すぐに返済はできません。

どんなに気軽に利用できても、借金の一つという意識を忘れないこと。消費者金融と同じと考えて、自制していく気持ちが大切です。

エポスカードにキャッシング枠をつける方法

エポスカードでは、契約時にキャッシング枠をつけるかどうか選択します。最初につけていなくても、後から申し込みが可能です。具体的な流れを紹介すると、以下の通り。

1.エポスNetから「キャッシング申し込み」を選択します。画面の指示に従って、必要事項を入力しましょう。
2.審査が入り、完了するとメールで通知が届きます。
3.エポスNetに再度アクセス、結果の確認をしてください。審査通過の表示があれば、すぐにキャッシングが使えるようになります。

申し込みは、エポスNetからのみ可能とのこと。店舗やカスタマーセンターに電話しての依頼はできません。すでに利用している方の増額依頼も、同様の手順で行います。

審査にかかる時間の目安は、1週間。大手消費者金融と比較して、かなり時間がかかります。キャッシング枠がない方で今すぐお金がほしいなら、他社消費者金融を検討するのが無難。いつまでにお金が必要かを逆算して、余裕を持った準備を行いましょう。

クレジットカードのキャッシングは、今や一般的なサービスです。お金を借りることを、過度に警戒する必要はありません。手元に全く現金がないと、心の余裕がなくなるはず。変にマイナス思考になるくらいなら、一旦は借入れでしのぎ、計画的に返済していく方法をとりましょう。

上手にキャッシングを活用すれば、暮らしがもっと豊かになることも。難しく考えすぎず、一番ストレスがかからない状態が理想です。使い過ぎにだけは注意しながら、家計の安定を目指してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加