UCカードのキャッシング・ローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永久不滅ポイントでおなじみのUCカード、キャッシングにも使えます。通常キャッシングの他に、メンバーズローン・マネーカードが用意されているのが大きな特徴。カード保有目的に合わせた多彩な商品ラインナップの中から、自分にあったものを選択して現金の借入れができます。

ここでは、キャッシング・カードローンサービスの概要を紹介します。合わせて、各商品がどんな人におすすめか考えてみましょう。

UCカードを使ってキャッシングするなら、ぜひおさえておきたい知識の一覧。必ず目を通して、後悔のない選択をしてください。

UCカードのキャッシング・ローン商品一覧

UCカード保有者のための借入れサービスのまとめです。3種類の商品から、目的に一番近いアイテムを選びましょう。

1.UCカードのキャッシング

手持ちのUCカードですぐに利用を開始できる、スタンダードなキャッシングです。利息水準は、実質年率15.0%~18.0%。大手消費者金融と比較すると、最低金利が高めに設定されているのが気になります。限度額は、1万円~300万円。クレジットカードのキャッシングの中だけで比較すれば、高めの設定金額だと思います。

気をつけてほしいのは、誰でも希望すれば300万円枠をもらえるわけではないこと。個人の信用状態やカード利用実績を総合的に判断して、限度額が決まります。貸金業法遵守の旨が公式サイトに記載があるため、最高でも年収の3分の1までで決まるはず。全くの無収入という方は、キャッシングを利用することができません。

2.UCカード会員メンバーズローン

UCカード会員だけが使えるローン商品。メンバーズローンの中でも、フリーコース・総合目的コースに分かれています。どんな使い道にもできるフリーローンは、フリーコース。限度額10万円〜300万円・実質年率10.0%~15.0%と、通常キャッシングより有利な借入れ条件が特徴です。

総合目的コースは、主に個人事業主・個人商店の資金調達に使うもの。利用目的を明確に示すことを条件に、実質年率8.0%~13.0%で借入れできます。使い道がはっきりしていて、証拠を書面として提出できるのであれば、総合目的コースの利用が有利と言えます。

ただし、他の用途に使用すると、フリーコースに変更されるのは注意が必要。事業用とプライベート用の明確な線引きが苦手な方には、積極的におすすめできない商品です。自分の性格とお金の使い道をきちんと考え、冷静な判断をしてください。

3.UCカードローン「マネーカード」

最高限度額100万円・実質年率15%で借入れできるカードローン。申し込みには、本人確認と収入証明が必要です。利息水準が有利な分、通常キャッシングより審査が厳しくなることが予想されます。安定した所得があり、計画的に使うお金が必要な方のための金策手段と言えるでしょう。

基本的には用途自由となっていますが、事業用資金には使えません。ビジネスのために必要なお金は、メンバーズローンを検討するといいでしょう。

マネーカードの上位版ゴールドもありますが、変動利息の玄人向け。気軽に利用するキャッシングとは、ほど遠いと思います。ごく一般的な利用を考えているなら、通常カードにキャッシング枠をつければ十分です。

借入れ・返済のリズムに慣れてきて、どうしてもお金が必要なシーンになってはじめて上位版の検討を。いきなり大きな借入れをして、苦しむのは自分です。キャッシュフローを安定させるためには、自分の身の丈にあった消費を意識することが大切。お金は有限と考えて、背伸びしないライフスタイルを整えましょう。

ATMから簡単操作!UCカードでキャッシング手順

「では早速キャッシングを」と思っても、はじめてだとどうしたらいいのか分かりません。ATMから現金を引き出す手順を見てみましょう。利用できるマシンは、セブン銀行・ローソンATM・イーネット・提携地銀のATM。コンビニや主要金融機関のATMなら、ほぼ使えると思って大丈夫です。

ATM経由でキャッシングする手順

1.最初の画面で「引出し」もしくは「クレジットカード」を選びます。
2.UCカードを挿入しましょう。
3.暗証番号を入力します。
4.画面の指示に従って引き出したい金額・支払い方法を選択しましょう。
5.現金とカードを受け取り完了です。

マシンによって細かな違いはあるものの、基本的には上記手順で進めます。画面の指示通りに操作すればいいので、戸惑うことは少ないはず。途中で分からなくなってしまったら、キャンセルを押せば、最初からやり直しできます。

返済は千円単位で可能ですが、現金の引き出しは万単位。限度額の範囲内で任意の金額を決め、借入れをします。注意点としては、土日祝日は取り扱いできない金融機関があること。曜日を気にしないでキャッシングしたいとしたら、SAISON ATM・セブン銀行・イーネットのいずれかを使います。

自分の口座から現金を引き出す場合と、要領としては同じです。借入れだからと言って、何も難しいことはありません。悩んでいるより、まず実践。必要な場面があれば、最寄りのATMでキャッシングに挑戦しましょう。

手数料無料のキャッシングならアットユーネット

ATMでキャッシングする場合にネックになるのが、手数料。1万円で108円・それ以上だと216円あたりのコストになります。手数料を気にせずにキャッシングしたいという方におすすめなのが、アットユーネット。UCカードの提供するオンラインキャッシングの手段です。現金を振り込んでもらうためには、次の手順で操作します。

アットユーネット経由のキャッシング手順

1.パソコンもしくは携帯からアットユーネットにログインします。
2.「いつでもキャッシュイン・サービス」を選択します。
3.ワンタイムパスワードの発行をします。通知されたパスワードを使って、キャッシングに進みましょう。
4.支払い方法を選択します。
5.希望の金額を入力すれば、手続きは完了です。

平日14:30までに完了すれば即時反映・平日14:30以降や土日祝日は翌営業日の反映です。どこからでもアクセスできるので、急ぎの場合は時間内に手続きをすませること。ネットに接続が難しければ、専用ダイヤルに電話でも振込をしてもらえます。

キャッシング手順の中でつまずくとしたら、ワンタイムパスワードの発行でしょうか。ワンタイムパスワードとは、その時だけしか使えない本人確認用のパスワードです。

発行依頼をすると、登録しているメールアドレスに任意の文字列が届くはず。届いたものをコピーして、入力すれば大丈夫です。

一見面倒なようですが、成り済まし取引を防止するセキュリティ強化の一貫。安心してキャッシングを使うために、欠かせない行程です。発行されたパスワードの有効期限は、60分。必ず取引直前に、新しいものを発行しましょう。

借入れに関わる基礎知識を一通り見てきましたが、どうしても不安が払拭されない方もいるでしょう。心配に感じるところがあれば、コールセンターに相談がおすすめ。どんな質問に対しても、丁寧に回答してもらえます。はじめての経験は、誰でも不安が伴うもの。分からないことだらけの自分を恥ずかしく感じる必要はありません。

計画的に利用していくかぎり、借金はこわいものではありません。自分をコントロールしながら、程よいキャッシングとの付き合い方を探していくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加