ライフティのキャッシング申込み概要と他消費者金融との比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフティは、1991年に営業をはじめた中小規模のキャッシング業者です。比較的新しい消費者金融ゆえに、安心して借り入れできるのか気になります。

ここでは、ライフティの特徴と大手と比較した場合のメリット・デメリットを考えてみます。あわせて、申し込み時の注意点をご紹介します。契約前に目を通して、後悔のない選択をしてください。

ライフティの基本スペックとキャッシング特徴

ライフティは、東京都知事の認可を受けて運営する貸金業者です。ネット上で話題になっている同闇金融とは、全くの別物。日本貸金業協会の会員にもなっている、正当な消費者金融と言えます。

ウェブをコアにした経営をかかげていて、実店舗を持たないのが特徴。キャッシングの申し込みや借り入れは、基本的にオンラインで行います。利息水準は、4.5%〜18.0%。大手と比較して、とりたてて高い水準ではありません。女性専用ダイヤルを設けるなど、利用者目線のサービスに積極的。中小規模には珍しく、おまとめ商品の扱いもあります。

ライフティの公式サイトをのぞくと、親しみやすいキャラクターが目をひくはず。新しい消費者金融会社ではあるものの、クリアなイメージを重視する姿勢が伺えます。

サイトの印象は、昔ながらの街金融とは一線を画する明るいイメージ。はじめてキャッシングする人でも借り入れしやすい優良企業と言えるでしょう。




大手消費者金融と比較!ライフティのメリット・デメリット

大手消費者金融がたくさんある中、あえてライフティを選ぶメリットはあるのでしょうか。他社と比較した場合のメリット・デメリットを見てみましょう。


ライフティのメリット1.1000円単位でキャッシング可能

一番大きなメリットは、1000円単位の利用ができること。まとまったお金を借りると使いすぎてしまう方には、非常に助かるサービスです。ネットバンキングを使えば、手数料は無料。何回借入れを繰り返しても、コストがかさむことはありません。

アコムやプロミスの振込キャッシングは、万単位の利用が基本です。1000円の引き出しをしたいときには、コンビニATMを利用します。このときかかる手数料は、108円。1000円を借りるのに、108円の手数料では泣ききれません。

1000円単位の借り入れは、公共料金の引き落とし日が近いときにも便利。足りない分だけを補って、その場をしのぐ手だてになります。借入れ残高は少ないに超したことがないもの。本当に必要な分だけ借りたい方には、便利な特徴と言えるでしょう。


ライフティのメリット2.審査の融通がききやすい

中小規模の消費者金融は、大手で審査落ちした方の受け皿になりえます。必ず通るとは言えないものの、大手消費者金融に申し込みを繰り返すより、可能性が高いと言えます。

審査基準に関してコールセンターに問い合わせをしてみましたが、明確な回答は得られませんでした。会社独自の基準で、の一点張りです。ブラック履歴がある・すでに数社から借り入れしているなどの特殊事情がある場合は、個別に相談がおすすめ。

限度額が低く設定される場合がほとんどですが、一定の融通をきかせてくれる可能性もあります。

迷っているより、まず相談。担当者の裁量が評価にプラスに働くケースもあるのは、中小規模ゆえのメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、以下のようなことが考えられます。


ライフティのデメリット1.審査に時間がかかるケースがある

中小規模の金融機関は、審査に時間がかかるケースが多いと言われます。即日審査可能とうたうライフティも例外ではありません。

ネット申し込みは24時間365日対応でも、審査ができないようでは同じ。即日でお金を手にすることはできません。どうしてもその日のうちにお金がほしいという方は、まず大手を検討すること。他社で断られてはじめて、ライフティを検討する順番が適切です。


ライフティのデメリット2.銀行グループに属していないことへの不安感

大手消費者金融のほとんどが銀行グループに属しています。たとえば、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスなら三井住友銀行グループという具合です。ライフティは、独立系の貸金業者。消費者金融に抵抗を感じる方だと、不安感が強いかもしれません。

貸金業者が倒産すると、どこかの会社に債権譲渡されるのが通常です。ライフティにもしものことがあると、見ず知らずの会社に借金を返し続けることに。

大手銀行グループなら、明らかにおかしな会社に債権譲渡する可能性は低いと考えられます。ライフティのような独立系は、どこに売り渡すか検討もつかないのが不安。倒産リスクをゼロにはできない以上、もしものケースのことまで考えておくのが賢明です。


ライフティのデメリット3.提携ATMがセブン銀行だけ

すぐにお金がほしいとき、コンビニATMから引き出しできると便利です。ライフティの提携ATMは、セブン銀行だけ。ライフティキャッシングカードを利用して、希望の金額を引き出します。

大手消費者金融は、イーネット・ローソンATMなど、主要なコンビニを網羅しているはず。最寄りにセブンイレブンがなくても対応できます。近所にファミリーマートやローソンしかない方は、ライフティだと不便かも。基本は振込キャッシングを利用するにしても、頭の片隅においておくといいでしょう。

総合的に判断すると、ライフティは以下のような方におすすめです。

・大手消費者金融の審査に落ちて中小規模で検討している
・数千円と小額だけを借り入れしたい

逆に、以下のような方におすすめすることはできません。

・どうしても即日キャッシングをねらいたい
・セブン銀行以外のコンビニキャッシングをメインに使う
・なるべく安心の大手で借り入れしたい

メリット・デメリットをふまえた上で、納得のいく決断をしてください。

ライフティにキャッシングを申し込みをするときの注意点

ライフティに限ったことではありませんが、審査落ちになった方を対象に、金融詐欺が起こっています。実際にあった事例として公式サイトに記載があるのは、「融資のご案内です」と申し込みを促すケース。審査落ちして途方にくれている人をねらう、悪質な金融業者の手口です。

全うな金融業者が、申し込み情報を他言することはありません。ましてや、他のキャッシング会社に案内をさせるなどもってのほか。審査内容を知っているような語り口で連絡がかかってきた場合にも、毅然とした態度で臨みましょう。
不審な連絡が来た場合には、まずライフティのコールセンターに連絡を。

正しい対応のアドバイスがもらえます。保証人詐欺や貸します詐欺にも要注意。貸します詐欺とは、ブラック履歴がある方をメインターゲットにした高利貸しです。お金に困っているときほど、冷静な判断を失いがち。軽卒な行動で、より返済に苦しむことがないように、リスクヘッジを徹底しましょう。

ライフティの審査に通るか不安なら、公式サイトの0.3秒診断がおすすめ。年齢・年収・他社状況を入力すると、契約可否目安が分かります。「ご融資可能かと思われます」と表示されれば、見込みがある証拠。申し込みをする前の判断材料の一つとして、ぜひ活用してみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加