債務整理中・債務整理後はキャッシングできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理中・債務整理後はキャッシングできる?
気のゆるみからお金を使いすぎてしまうとき、誰でもあります。すぐに気付けば軽症ですみますが、どうしようもない状況に陥ってはじめて現実に戻ることも。そこで頭をよぎるのは、債務整理という決断です。

ここでは、債務整理の基礎知識とキャッシングへの影響を考えてみます。安易な決定は、必ず後悔を招くことに。正しい知識をふまえた上で、冷静な判断をしてください。


債務整理とは?

債務整理とは、自己破産だけではありません。状況の深刻度に応じて、選択肢は4つあります。


1.任意整理

取引開始時にさかのぼって金利を再計算、元本の返済計画をたてていきます。借入金の圧縮と返済計画の立て直しが、主な目的。

専門知識を持つ弁護士や司法書士に依頼して行います。一定の収入があり、返済を継続できる状況にある人を対象にした債務整理の方法。

収入源は、アルバイト・年金などでも大丈夫です。官報に記録が残ることがなく、裁判所の手続きは不要。現実的な計画さえたてれば、やり直しが見込める方が選ぶべき方法と言えるでしょう。


2. 特定調停

3年~5年あれば、返済が見込める方が選ぶ方法です。個人で裁判所に依頼、任意整理を目指します。専門家に依頼する必用がないので、費用面で有利になる方法。

実際の話し合いは裁判所を通して行うため、自分自身で交渉する必用はありません。全てのキャッシング会社を対象にしなくてはいけないわけではなく、話し合い対象を選ぶことができるのが大きな特徴。あくまで返済計画の立て直しが目的で、過払い請求できるわけではない点に注意しましょう。

3. 民事再生

借金が5,000万円以下の場合に検討できる方法です。住宅ローンを除く債務の整理を行い、減額を目指します。自己破産をすると自宅やマイカーを手放さなくてはいけません。

民事再生では、財産の維持が認められます。その分、借金が帳消しになるわけではなく、定められた期間で減額された金額の返済が必要。

まとまった金額の借り入れで首が回らなくなっているものの、住宅は何とか維持したい方が選ぶべき方法と言えるでしょう。

4. 自己破産

借金が重なって支払い不能になったときにとる手段です。全ての借金が免責され、返済に悩むことがなくなります。

精神的な安堵感を得られる反面、生活に必用な家財を除き処分されることに。戸籍や住民票に記録されることはありません。また、一定期間は、士業や宅地建物取引主任者など一部の職業で働くことが難しくなります。


債務整理中・整理後はキャッシングできるのか?

4種類のうち、いずれの方法をとるにしても、一定期間信用情報に残ります。債務整理の手続きをしている最中はもちろんのこと、5年~7年は新しい借り入れができなくなるのが通常。既存キャッシング会社の利用はもちろん、新規契約にも通りません。

一部の中小規模ローン会社では、事故情報があっても審査可能と噂されます。全てが悪質な業者とは言わないものの、ややリスキー。

素人目では、全うな業者かどうか分かりません。いわゆるヤミ金からお金を借りてしまうと、再び返済に苦しむことに。債務整理を行った後や最中は、キャッシング無しで生活するのが基本と考えましょう。


債務整理に陥る前にお金の使い方を見直すこと

債務整理をしてしまうと、キャッシングだけでなく、クレジットカードやその他ローンまでもが制限されます。たくさんのものをクレジット払いにしていた方ほど、デメリットが大きくなるはずです。

ネット料金や保険料の支払いを現金払いで行うと、年単位の請求を一括払いしなくてはいけないケースも。もちろん、ETCカードも使えないので、彼女とドライブするときに不審に思われてしまう可能性が否めません。

公共料金や携帯料金の請求も、毎月のように届きます。ただでさえ生活の立て直しに苦しんでいるのに、度々届く請求書を憂鬱に感じることも。自分が招いた状況とは言え、胃が痛くなる日がしばしばです。

キャッシングは手軽に現金を調達できる、便利なツール。即日でキャッシングできる金融機関もかなり多いですからね。計画的に利用すれば、何もこわいことはありません。危険なのは、ATMからいつでもお金が手に入るような錯覚に陥ること。無意識のうちにどんどん借り入れが膨らんで、債務整理を余儀なくされます。

大切なのは、キャッシングが借金という意識を常に持つ事。借りたお金は、なるべく早く返すに超したことはありません。返済が自転車操業に陥っていると気付いたときには、後の祭り。金策をするより先に、お金の使い方を見直しましょう。

家計の収支を見直すと、必ず削減できる場所がでてきます。即効性が高いのは、家賃など毎出きまってでていくお金の節約。返金を終えるまでは、ワンランク下げた生活をすると決めるといいでしょう。

どうしても外せない友人との付き合いを除いては、レジャー費用をおさえる努力も必用。身分不相応な生活を続けていれば、いつか身の破滅を招きます。失敗しないマネーライフの実現に向け、現実的に行動することが大切です。

キャッシングで家族に内緒の借り入れをしていた人にとっての、債務整理はかなり深刻。実務的に考えると、身内に内緒の手続きは難しいと言わざるを得ません。

ほとんどの人にとって、はじめての経験ゆえに大きなストレスになることも。返済の苦しみとはちがった、別の悩みがふりかかります。

キャッシングの返済に悩んだときには、まず専門家に相談すること。債務整理をしなくても、健全な収支に戻す方法が見つかるかもしれません。結論として、やっぱり債務整理となった場合も、自分一人で進めるよりずっと気が楽。相談だけなら、無料でできる法律家もたくさんいます。

お金に関する悩みは、家族も自分も不幸にします。ダメならダメで、正直に状況を告白、一緒に新しい道を歩み始めるのが絆です。何でも一人で貯め込まず、前向きに行動を起こしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加