ブラックでも借りれるキャッシングってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fdhwhwh
ブラックでもOKなキャッシングはあるのでしょうか。結論から述べてしまうと、大手消費者金融での借入れは難しいと考えましょう。どうしてもキャッシングしたいなら、中小規模の貸金業者が候補になります。

ただ、中堅業者は玉石混交。執拗な取り立てを繰り返す悪徳業者もまぎれています。素人目には、判断が難しいのが実際のところ。ブラックリストに載ってしまった場合には、借入れなしで生活する努力をするのが先決です。


キャッシング審査落ちが続く場合はブラックになった原因をまず考える

ブラックリストとは、事故情報記録の総称です。審査落ちが続く場合は、何らかの事故を起こしている可能性大。まず何より、足かせになっている原因を推測しましょう。ブラック扱いになる事故の代表的例をあげると、次の通りです。

・長期に渡って支払いが遅れた
・カードローンで代位弁済の状態になった
・キャッシング契約を解除された
・債務整理をして返済軽減をお願いした
・返済が難しく債務整理を行った

自分の支払い能力を超えて借金をしてしまったり返済計画をたてたのに約束が守れなかったり。レベルの差こそあるものの、借りたお金を返せなかったことが問題です。

ブラック情報が登録されている限り、お金を管理する意識がやや薄いと判断されるのは仕方がないこと。運良くお金を貸してくれる先が見つかっても、生活を見直さない限りは、また同じことの繰り返しです。

ブラックになったことを悔やむより先に、自分の生活を見直すこと。同じ失敗をしないように、キャッシング無しで生活する方法を考えましょう。

※信用情報機関CICやJICCでご自身の信用情報を見ること可能です。詳しくは以下をご覧ください。
⇒自分がブラックリストに載っているか確認する方法


カードローン・キャッシング無しで家計を乗り切る工夫

借入れ無しで家計を切り盛りするとなると、収支バランスの見直しが必用です。大変なことをするようですが、考え方は非常に単純。収入を増やすか支出を減らす方法を考えます。


収入を増やす工夫

リストラを受け今現在働いていないとしたら、まず収入源を確保します。これまでのキャリアを大切にする気持ちは大切ですが、生きていくためには一定のお金が必用。つなぎのアルバイトでも構わないので、お給料をもらえる見込みをたてましょう。次は何をしようと二の足を踏んでいるだけ、時間の無駄。自分を見つめ直しているうちに、どんどん時間はすぎていきます。

公共料金や保険など、生きているだけで必用なお金はたくさんあります。家族がいる方なら、居住費や食費も深刻です。最低限必用なお金は確保しながら、ゆっくり次を考えることもできるはず。

希望する仕事につく目標は持ち続けるにしろ、家族が食べていけるだけのお金を確保する努力が重要です。

すでに働いているサラリーマンなら、副業が考えられます。会社の規則に違反しない範囲で、可能な仕事を探してみましょう。家族に内緒でキャッシングをしていたわけではないなら、奥様にパートに出て頂くのも一つの手段。辛いときこそ支え合って乗り切るのが、理想的な家族です。

間違っても、株式投資やFXで一気にお金を増やそうとはしないこと。大きなリターンを見込める代償として、なけなしのお金を失うリスクがあります。投資収益を求めるのは、安定した家計基盤を作った後。まじめにコツコツ貯めることが、収入を増やす王道と考えましょう。


支出を減らす工夫

効果的に支出を減らすには、金額の大きな固定費から見直します。固定費とは、毎月必ずかかるお金のこと。家賃・マイカー維持費・保険関係などがあげられます。

たとえば、毎月30万円のお給料しかないのに家賃15万円の賃貸に住んでいる。これでは、収支が赤字になって当然です。一般的に言われるところの無理がない住居費用とは、年収の25%以内。毎月30万円・年ベースで360万円の世帯なら、360万円×0.25÷12ヶ月で7.5万円。7~8万円でやりくりする必用があると考えられます。

マイカー維持費は、駐車場代・自動車保険・車検などを合わせた数字。自動車を維持することで家計が苦しくなるようなら、一旦手放すことも検討しましょう。

都心部に住んでいる場合には、必用なときだけレンタカーを利用する方が得するケースがほとんどです。保険は、必用最小限にしぼること。ネット保険に切り替えをすると、保険料が安くなる場合もあります。加入保険が分からないほどたくさんの契約をしているなら、重複する内容がないか調べること。契約内容を見直して、本当に必用なものだけを残し、解約を検討しましょう。

固定費だけなら大した金額にならないという方は、細々とした出費を減らすこと。何にお金を使っているかを把握するため、家計簿をつけてみるといいでしょう。外食費が多いなら自炊をはじめる・美容費用がかさんでいるなら頻度を減らすなど、可能なレベルの支出コントロールを行います。

全てを節約しようとすると無理がくるので、お金をかけるもの・かけないものを分ける工夫も重要。背伸びしない消費を意識して、支出コントロールを徹底しましょう。


ブラック情報の保存期間が過ぎたらキャッシングも可能

ブラック情報に載ってしまったら、一生情報が残るわけではありません。内容や機関によって多少の違いがあるものの、保存期間の目安は5年から10年。ここを乗り切ることさえできれば、再びカードを持つことも可能になります。

基本的には使わないつもりだけど持っておきたいという方は、保存期間が過ぎたことを確認した上で申し込みをしてください。キャッシングだけでなく、住宅ローンやクレジットカードも同様です。一定期間は利用が難しいものの、一生使えないわけでではありません。

借りてしまったことを後悔しても、なかなか先には進めません。長い人生の数年間と割り切って、できない間は、つつましい生活を送るのが得策です。

なんとしても避けたいのは、我慢できずに悪質業者からお金を借りてしまうこと。ひどい取り立て・高額金利の請求にあうと、やり直しがきかなくなります。

窮地に追い込まれた人を利用して、お金を巻き取る業者がなくならないのが悲しい現実。お金に困っているときこそ、うまい話しにだまされない冷静さを持ちましょう。

少し検索すると、ブラックでもキャッシングできる裏技などの情報が見つかります。抜け道があるのでは、申し込みをしてみたくなることもあるでしょう。残念ながら、真偽が疑わしい内容がほとんど。信用できる記載なのか、冷静な見極めが重要です。

あきらめ半分で申し込みを繰り返した履歴も、信用情報に残ります。短期間に複数社に申し込みをすると、キャッシング審査にさらにマイナス。

ただでさえ厳しい状況に、追い打ちをかけることになりかねません。再び借金をする方法を考えるより、身の丈に合った生活水準を見直すこと。物事に優先順位をつけて、お金に苦労しない生活をスタートしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加