キャッシングの返済トラブルによるペナルティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

fhawhh
キャッシングでお金を借りたら、必ず返済しなくてはいけません。延滞してしまったり督促の連絡に出なかったりすると、どんなペナルティがあるのでしょうか?

ここでは、考えられる影響とトラブルに陥ったときの対処法を紹介します。少しくらい遅れてもと思っていると、大変な目に合うこともあります。

約束を守らない人に制裁があるのは、当然のこと。お金がからむ問題ならなおさらです。キャッシングをする前にトラブル例を知っておくと、自分の心の抑制にもなります。借入前の基礎知識として、目を通してみてください。


余分なコストに!まず発生するペナルティは遅延損害金

まず返済を延滞することによって発生するペナルティは、遅延損害金。約束の日に返せなかったお詫びとして、追加で払う利息です。

通常利息よりも、割高になるのが通常。参考までに、キャッシング大手5社の遅延損害金を調べてみました。

アコム 20.00%
プロミス 20.00%
モビット 20.00%
レイク20.00%
アイフル20.00%

どの会社も横並びで、20%の設定です。この数字は、法律で認められている利息としてとれるパーセンテージの上限。期日に遅れた場合は、かなり不利な条件の利息が適用されると考えましょう。

元本に対してパーセンテージを掛け算するので、まとまった額を借りている方ほどペナルティ金額は大きくなりがち。遅延する月が続くほど、どんどん支払いが苦しくなります。


軽い延滞なら大丈夫は嘘?社会的な信用がマイナス

返済トラブルで考えられるペナルティは、金銭的な負担だけではありません。社会的な信用の低下が懸念されます。

軽い延滞であれば信用情報に記載されないという噂もあるので、この情報をもとに、少しくらいの延滞ならばOKと考えてしまう方がいます。確かに、一度数日遅れたくらいで信用情報に記録されるケースは少ないはず。ブラック情報が掲載されて、どこからもお金が借りられなくなるなんてことはありません。

ただし、借り入れをしたキャッシング会社独自の顧客情報記録には延滞経歴が残ります。数年先になって増額希望を出したとしても、審査に通りにくくなるリスクがあります。

対借入先の信用低下が、一番のペナルティと言ってもいいかも。お金の貸し借りは、社会的な信用のもとに成り立つという意識を忘れないようにしてください。


返済の遅延発生で会社や実家に連絡がいくことはある?

返済が遅れた場合、まず携帯電話に連絡が来るのが通常です。返済遅延のペナルティとして、すぐに会社や実家に連絡がいくわけではありません。

期日を数日過ぎたあたりで本人宛に様子伺いの連絡が入るのが、最もスタンダードな支払い催促。本当に忘れていただけなら、この電話を受け、すぐ支払いをすれば大きな問題にはなりません。

自宅に電話が入るかどうかは、本人の申告次第のよう。申し込み時に、連絡不可を選択していれば、ひたすら携帯にかかってきます。

携帯への連絡に出なかったり折り返しの連絡を怠ったりすると、自宅に郵便が届きます。脅しのような言葉が並んでいるわけではなく、延滞損害金を含めた支払い金額総額が書かれているもの。

これだけのお金をなるべく早く払ってくださいと、書面ベースでお願いされるイメージです。

ここまでしてもやっぱり音沙汰がないようなら、自宅訪問となるリスクがあります。法律で「正当な理由なしの訪問は禁止」と決まっています。ゆえに、よほどのことがない限り、貸金業者が自宅に来ることはありません。

ただ、あらゆる手だてをとっても返済をしてもらえなかったというのは、正当な理由に該当する可能性があります。

自宅に来てすることは、返済計画の立て直し。相手の提示する返済計画書にサインすれば、そこで一旦は取り立てが終わります。

返済計画書とは、今の約束で返せないならこうやっていきましょう、という譲歩的な内容が入った書面。この計画書通りに返済することが、次の課題になってきます。


返済計画書すら守れないと法的措置に発展することも

返済計画すら守れないとなると、法的措置に入ります。裁判所を含めた、非常に重いペナルティです。ざっくり言うと、もうおつきあいできないので貸したお金を全て返してください、という意向が告げられます。

この段階に進んだことを示唆するのは、自宅に届く支払督促申立書。キャッシング会社から申し立てを受け、裁判所経由で送られてきます。

一括返済が難しい場合は、同封されている意義申立書の提出が必用。何もしないで放置すると、話しがそのまま進みます。次に送られてくるのは、仮執行宣言付き支払督促申立書。

意思表示をしないということは、相手の要求を飲んだと解釈されて、一括返済を余儀なくされます。この段階が、異議申し立てをする最後のチャンス。

再び無視した場合には、本当に一括返済しなくてはいけません。払えないとなると、給料の一定額が差し押さえられることも。勤務先を変えたとしても、法的措置は消えません。

支払う状況は同じでも、無理矢理取られてしまうのは結構辛く感じるはず。強硬手段を取られる前に、お話し合いに応じるのが得策でしょう。

給与の差し押さえがあると会社からの信頼低下も

給与の差し押さえのデメリットは、心理的マイナスだけではありません。差し押さえをするために、会社に連絡がいくのが通常。キャッシングをした事実はおろか、返済が滞った状況まで気付かれてしまいます。

堅い職業であればあるほど、会社からの信用低下は必至。民間であっても、裁判沙汰になるような社員を好んで雇用する会社はありません。

お金の管理ができないことは、社会人として大きなマイナス。大きな仕事を任されることはなくなるでしょう。最悪、部署転換や解雇に陥る状況も考えられます。

会社に内緒の借り入れなら、どうしようもなくなる前に何とか和解を目指すこと。過去の借り入れを悔やんでも、何も状況は変わりません。早めにキャッシング会社に連絡を入れ、返済可能な計画をたてましょう。

キャッシングの返済トラブルは、支払いを逃れようともがくことで起こります。自分の無理がない範囲で借入をして計画的に返しているなら、何も問題はありません。

面倒ごとに巻き込まれたくないのなら、頑張れば返せる範囲で借金をすること。返せるかどうか不安になるような金額に、手を出してはいけません。

計画が甘いと、その後何十年という日を棒にふるリスクがあります。すでに返済が不安になってきたという方は、危険レベル。自分の収入を客観的に見つめ直し、マネープランの立て直しを進めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加