海外の現金調達方法「海外キャッシングと国際キャッシュカード」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外の現金調達方法「海外キャッシングと国際キャッシュカード」
海外で多額の現金を持ち歩くのは、不安です。現地で手軽に現金を調達できたら、うれしいとは思いませんか。そこで候補にあがるのは、国際キャッシュカードを持つ方法・クレジットカードで海外キャッシングをする方法の二種類。二つの違いを見ながら、どちらがよりおすすめか考えてみましょう。

あわせて、海外でキャッシングする方法をご紹介します。はじめての海外旅行は、何かと不安が伴うもの。疑問に感じる点をクリアにして、旅の準備に役立ててください。


海外で現金を調達できる「国際キャッシュカード」とは?

国際キャッシュカードとは、海外で自分の口座からお金を引き出すサービスです。インターナショナルキャッシュカードとも呼ばれます。

銀行預金口座と連動しているもので、デビッドカードのようなイメージです。お金を借り入れするわけではなく、自分が持っているお金を現地通貨に変えて引き出すという点がポイント。

引き出した時点で口座に反映されるため、透明性が高い現地通貨調達方法と言えるでしょう。

交換レートは、各社指定する会社のレートに数%加算した数字が適用されます。出金手数料自体は無料から数百円と、取り立てて高いわけではありません。

キャッシングの借金に、強い抵抗を感じる方が選ぶべき方法と言えるでしょう。


クレジットカードの海外キャッシングとは?

クレジットカードキャッシングは、その名の通りクレジットカードでキャッシングをすること。MasterCard・Visaカードなどの国際ブランドを使うのが、主流です。

カードが使えるお店なら、クレジットカードをそのまま利用することも可能です。ところが、小さな街の市場や食堂だとカードが使えないケースがでてくるはずです。

そこで活用したいのが、キャッシング。ATMから一時的に、現地通貨の借り入れができます。

一般論でお話すると、クレジットカード決済の支払いレートと現金を引き出すキャッシングのレートは異なります。

後者の方が、得になるケースがほとんどです。ただ、クレジットカードを使ったときのように、ポイント加算は受けられません。カードを使ってマイルを貯めているような方だと、かえって損するケースもあります。

どちらかを選択してというよりも、シーンによって使い分けるのが賢い手法。キャッシングとクレジット払いの併用で、コストパフォーマンスよく海外滞在を楽しみましょう。


海外キャッシングをすすめる3つの理由

国際キャッシュカードとクレジットカードの海外キャッシング、どちらを使うか迷った場合は後者にするのがおすすめです。

理由は、大きく分けて3つあります。


海外キャッシングは手数料がお得

まず何より、有利なレートで現金を手に入れやすいこと。クレジットカード金利分を加味しても、キャッシングが得になるケースがほとんどです。小額なら大した差にならなくても、金額が大きければ軽視できない差がつくはず。少しでも有利に現金を手にしたいなら、キャッシング利用がおすすめです。


セキュリティ面

次に、セキュリティ面の懸念です。海外ATMを使用した際に、情報をスキミングされる事故がありました。メインバンクをインターナショナル利用にしてしまうと、預金全てが被害に合うリスクがあります。

保険でリスクヘッジできるとは言え、トラブルが少ないに越したことはないもの。少しでも不安を感じるなら、海外キャッシングをして現金を引き出す方法を選ぶといいでしょう。


海外キャッシングの方が利便性が高い

最後に、選択肢の多さです。国際キャッシュカードを扱う銀行は少数派。国際ブランドがついたクレジットカードの方が、選択の自由度が高いと言えます。

自分にとって都合がいいカードを選ぶことが、利便性を高めるポイント。内容にこだわりがある方ほど、クレジットカードキャッシングの利用をおすすめします。


海外ATMで現金をキャッシングする方法

実際に海外でキャッシングするときに困らないように、一般的なATMの操作方法を見てみましょう。


1.カードを入れる

対応しているATMを見つけたら、クレジットカードを挿入します。日本のATMと同じ様に地面と水平に入れるタイプの他、上下にスライドさせる形があります。表・裏を間違えると、きちんと読み取ってもらえないので注意が必用。挿入するのは最初だけで、すぐに抜き取るタイプもあります。


2.使用言語を選択する

英語圏以外では、最初の画面に現地語が表示されていることがあります。言語選択ボタンを押すと、英語に切り替えできる場合がほとんどです。操作のしやすさを重視するなら、「ENGLISH」を選択してから先の操作に進んでください。


3.暗証番号の入力

「ENTER PIN」が、暗証番号の入力です。4桁もしくは6桁の番号を入力して「ENTER」を押しましょう。暗証番号は、日本でクレジットカードを使うときの番号と同じです。「ENTER」ボタンの表示がないタイプのATMもあります。


4.取引内容選択

SELECT SOURCE ACCOUNTが、取引内容の選択です。キャッシング希望の場合は「CREDIT」を押してください。「cash in advance」と表示されるタイプもあります。


5.キャッシングする金額を選択

いくつか金額が表示されるので、希望のものを選びましょう。任意の金額を引き出したい場合は「OTHER」を選んで入力します。

1〜5を確実に行えば、しっかりお金を手にすることができるはずです。途中で手順が分からなくなったときには、最初からやり直すこと。「CANCEL」を押せば、いつでも取引内容を修正できます。カードと利用明細は、忘れずに持ち帰ること。日本に帰ってからマイページで情報の一致を確認、不正利用がないことを確認します。

<主なクレジットカードの海外キャッシングのATM操作方法>

海外旅行のマネー術を調べると、外貨預金だったり街の両替商を利用する方法だったり。いろいろな知識が見つかります。

どれも間違った方法ではないものの、年に数回しか行かない旅行に面倒な手続きをしたくないのが本音のはず。海外で使えるクレジットカードを一枚用意するのが、最も手軽かつ間違いがない方法だと思います。

キャッシングを活用すれば、もっと旅行が楽しくなります。あれこれと考えているより、まずはカード発行を。早めの準備をすることで、素敵な想い出を作ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加