年収の3分の1以上借りれる総量規制対象外のキャッシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収の3分の1以上借りれる総量規制対象外のキャッシング
貸金業法が改正された時、専業主婦のキャッシングが難しくなると騒がれました。苦しい家計を内緒のキャッシングで補っていた方たちは、身が凍る想いをしたことでしょう。

まだ利用をしたことがない主婦ならば、自分はキャッシングできないと決めつけてしまったかもしれません。

まさに私のことだと感じた方も、ご安心ください。総量規制対象外で、キャッシングをする手だてはあります。もちろん、合法的かつ全うな方法なので何も心配はいりません。

正しい知識を持っていると、いざという時の心の支えになるはず。転ばぬ先の杖として、ご一読頂ければと思います。

無理のない範囲の借り入れとは?総量規制で決まったルール

専業主婦がキャッシングできなくなるとの噂の根拠は、総量規制。年収の3分の1までと、借り入れを制限するルールです。3分の1という数字は、借入残高を全て合わせて計算されます。

複数のキャッシング会社を使っているなら、合計がこの範囲におさまることが条件です。専業主婦は、自分自身に収入がありません。年収0円に3分の1をかけたところで、計算結果は0のまま。

ここに注目したメディアが、大きく報道して騒がれました。

※住宅ローンや自動車ローンは対象外です。


総量規制対象外でキャッシングするなら銀行カードローン

もちろん、報道が全くの嘘というわけではありません。消費者金融などの貸金業者は、総量規制を守り貸し付けします。

専業主婦の審査通過率は、限りなく低いと考えるのが妥当でしょう。見込みがない先にキャッシングの申込をしたところで、時間と労力を無駄にするだけ。

総量規制対象外のキャッシングを選び、審査の申込をするのが賢明です。

具体的に候補にしてほしいのは、銀行のカードローン。貸金業法の規制に縛られないため、総量規制に縛られません。

つまり、専業主婦でも借り入れできる可能性があるということ。中には専業主婦OKとデカデカとウェブサイトで謳っている銀行カードローンもあるくらいです。参考までに、どんな商品があるのかをピックアップしてみてみましょう。


こんな場合はキャッシング可能!知って得する総量規制の例外事項

定職を持っている方で、すでに年収の3分の1を借りているとします。総量規制のルールに従うと、消費者金融から今以上の借り入れが難しいのが通常。

どうしてもという場合には、総量規制対象外の銀行カードローンに申込みます。

ただ、一定の条件に伴う借り入れは総量規制の例外事項。以下のようなケースだと、アコムプロミスなどでも、3分の1を超えての借り入れできる可能性があります。

・緊急で医療費が必要
・おまとめローンを設定して完済を目指したい

借り入れ可否は、一人一人の状況で異なります。条件を満たす場合には、まず金融機関に相談しましょう。相談相手は、総量規制対象外のカードローンでなくともOK。

すでにおつきあいがある、キャッシング会社に相談するのが一番です。例外事項に該当しても、これまでの返済実績が伴わないと、借り入れできないことがほとんど。抜け道を考えるよりまず、誠実な返済を目指しましょう。

総量規制のルールを逆手にとって、悪質な貸し付けをする業者もいます。きちんとした先から借り入れできる見込みがあることを念頭に、甘い言葉に惑わされない勇気が重要。

ひどい取り立てをされて、泣きを見るのは自分です。
収入状況に関わらず、お金が必要な事情は誰にでも訪れるもの。借金を、後ろめたく考える必要はありません。ただし、借りた後にはきちんと返済。マナーを守り、安心のマネーライフを送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加